「スノー・ワイヤル」☆セルフリメイクの意味

先日amazonプライムで鑑賞した「ファイティング・ダディ怒りの除雪車」があまりに面白かったので、同じ監督によるセルフリメイク版の公開を楽しみに待っていたのだ!!
さて自らリメイクするからには、やり残したことも全部やってより一層面白くなっている・・・・はず?


スノーポスター.jpg
「スノー・ロワイヤル」 公式サイト

<ストーリー>

雪深い田舎町のキーホーで、街の除雪作業員として模範市民賞を受賞したコックスマン(リーアム・ニーソン)は、空港で働く息子がヤク中で死亡したと知らされる。
息子を殺した男を探していると、空港でクスリを受け渡ししているデンバーのチンピラにいきつく。
一人、また一人と始末していき、息子を殺せと命じたボスへ近づいていくコックスマンであったが、デンバーを牛耳る麻薬王バイキングのボスは部下を殺したのが先住民のマフィアだと思い込み…



あれ?!女性警官のくだり以外はオリジナルと全く同じだったけど??


スノー雪.jpg
オリジナルの作品の風景と変わらない景色がここにもあった
田舎町キーホーからデンバーへ向かう一本道の景色は、オリジナルを完コピ☆

とにかくオリジナルを見ているだけに、次に何が起こるか判ってて、そう言う意味でニマニマが止まらない~~♪
こういう観方も逆に楽しいね☆

スノー警官.jpg
唯一違うのは、犯罪待ってました!!の女性警官のシーン

警察が調べていけばいくほど、答えは『マフィア同士の抗争』
セルフリメイクであえてこの女性警官をもってきたのなら、多少コックスマンが疑いの目を向けられて…のような展開があってもよかったかも。

スノー先住民.jpg
オリジナルではノルウェー人vs東欧マフィアに日系殺し屋、新作では先住民たちと縄張り争いになる

先住民たちがスキーリゾートへ行って土産屋にある先住民の手織物を見ると中国製だったり、組織の下っ端がインディアン(インド人)だったり、縄張りを分けてやったと話す麻薬王バイキングの若きボスは、元々そこが先住民の土地だったことに気付いていなかったりと、この辺りはオリジナルと違うところ。

ラストの『息子を殺された者同士、除雪車のドライブをする』ところはほっこりして(?)好きなシーン☆

スノー兄さん.jpg
リーアム兄さんだからね、そりゃやるよ?

シニカルな笑いが全編に散りばめられているのはオリジナルと同様。
でも…いまひとつ声を出して笑う所少なかったような?
それは私が既にお話を知っているから?暗闇をシャカシャカビニール袋の音を立てながら途中で入ってきたおじいさんが席が判らずウロウロしていて、挙句に若い兄ちゃんにうるせー!と怒られてて気が散ったから?

いや、そうではない。
全てはリーアム兄さんが『息子(または娘)の為にビシバシ戦うお父さん』だからなのだ。

この彼に定着したイメージのせいで、もっといけるはず!な気分になったり、最初からチンピラを殺すつもりでも違和感なかったりしてしまう。
これは実際この映画としてはマイナス点なはず。

オリジナルのステラン・スカルスガルドのように、およそチンピラを殴り殺せるようには見えない人がやるから意外性があって面白いのだ。

冷血非道な麻薬王が実は健康志向でエリート教育最優先でお墓が反戦マークだったりするとか、賭け事でお金儲けが好きなボスの右腕の恋人はユダヤ人だったりと、気付く人だけが笑えるシニカルさは健在なのに、結局のところリーアム兄さんのせいで(悪いのは監督だけど)全体の面白さがオリジナルより減ってしまっているのがとっても残念。


オリジナルを知らずに観た方はどうだったのかなぁ?

"「スノー・ワイヤル」☆セルフリメイクの意味" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント