「泣くな赤鬼」☆圧巻の演技で泣くよ赤鬼

私が息子に読んであげていると、ラスト近くで必ず自分が泣いてしまって最後までちゃんと読めない3大絵本のひとつに「泣いた赤鬼」がある。
青鬼が村人と仲良くできるようにと、自分だけが悪者になってそっと村を立ち去った赤鬼の留守宅の前で青鬼が号泣するラストは私の嗚咽ポイント。

そんなラストを彷彿とさせるかつての『鬼コーチのうるんだ瞳で終わる』この映画に、号泣しないわけがなく…

画像
「泣くな赤鬼」 公式サイト(6月14日公開)

<ストーリー>

病院の待合室で偶然会ったのは10年前の教え子ゴルゴ(柳楽優弥)だった。
かつてのような野球部の鬼コーチの威厳は消え、すっかり老いた小渕先生(堤真一)は弱小野球部のコーチとして、今は進学校でやる気も失せた毎日を送っていたが、結婚もして子供もいる幸せそうなゴルゴが、実は癌で余命半年と知らされる。

かつて厳しい指導でゴルゴが野球部だけでなく高校すら辞めてしまったことが引っかかっていた小渕は、彼の最後の願いを叶えようと奔走するが…


ストーリーは想像通り単純明快なスポ根性+病気ものである。
ところがこの物語に非常に深みを与えてくれるのが、とにかく必見の柳楽優弥と堤真一の圧巻の演技バトルなのだ!!

画像
このサインを見逃さないで!!

実は結構「野球」なので男子向き、特にこれから甲子園を目指して頑張っているような現役の高校生にはぴったり☆
もちろん野球部の生徒だけでなく全ての中高生にとっては、直球ストレートな物語になっているので是非見てもらいたい!!

画像
柳楽優弥の今わの際の演技が圧巻すぎっ!!!

まさに今命の炎が消えようとしている、苦痛の表情すら失われた状態の演技をしながら、人間て涙をつーっと流すことができる!?
こんな事が出来るのは、柳楽優弥か映画「ゲットアウト」のお手伝いさんか、まさに今死にそうな人だけだよね…

画像
かつてのライバル和田くん(竜星涼)でも号泣

結構早い段階で泣き始めていた私だったけれど、隣の一人で来ていたサラリーマンの年配のおじさんは、私よりもっと早くから涙をぬぐっていたyo
青春をスポーツに打ち込んできた全ての人に共感できる変化球なしなところがストレートに感動しやすい。

画像
実は高校生時代を演じた少年たちもなかなかに上手い

演技はそこそこではあるものの、柳楽優弥のうっすら笑いながら喋る話し方をしっかりと演じている。
今どきの青春ものなら平気で柳楽くんに高校生役もやらせるところだけど、そこを敢えてバリバリ野球をする少年で演じさせるというのも好印象。

画像
一足お先に赤ちゃん抱っこの川栄李奈

再び奮起して鬼コーチとして復活するベタな展開は想像の範囲内だったとしても、この映画の本当のラスト堤真一演じる小渕先生が、高校に入りたてのフレッシュな一年生の生意気さにかつてのゴルゴの影を見出した時の表情は、他のどんな邦画をさておいても観てほしい一瞬なのである。



"「泣くな赤鬼」☆圧巻の演技で泣くよ赤鬼" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント