DVD「ファイティング・ダディ怒りの除雪車」☆笑えるバトロア

間もなくリーアム兄さんの新作「スノーロワイヤル」が公開となる。
その前にごみつさんがおススメされていた「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」をamazonプライムで鑑賞。
こちらはハンス・ペテル・モランド監督が2014年に制作したノルウェー・スウェーデン映画で、「スノロア」は彼が自らセルフリメイクした作品なのだそう。


こんなにB級感漂う題名なのに、こんなに面白かったなんて!!!シニカルな笑いは1級品☆



「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」 

<ストーリー>
空港で働く息子がドラッグを抜き取った運び屋の友人のとばっちりで殺されたニルス(ステラン・スカルスガルド)は、長年の真面目な除雪作業員として市民栄誉賞を受けたばかりだったが、何とか犯人に復讐したいと独自に調べていた。
街を牛耳るマフィアの手下を一人一人と片付けて行くと、手下を消されたマフィアは…

画像
とにかくノルウェーの冬の大地が美しい。凍て付く吹雪の夜ですら。

そんな雪に閉ざされた広大な田舎の道もなんなく車で走れて、都会で暮らす人とそれほど変わらない生活が出来るのが福祉国家ノルウェーならではのシステム。
本当にそこはすごい!

日本だと国会議員の地元には意味もなく立派な道路があるのに、他県の田舎は何もなくて不便…という地域が多いのが現状だけど、ノルウェーはどの地域も分け隔てなく普通に生活できるように出来ている。
(都会だと特別便利というわけでもない…ところがミソ)

それは夜、人が寝ている間に除雪作業が行われているから。映画の様な山深い所は除雪、都会では塩を撒いて凍結を防ぐ作業が行われるのだ。

そしてもう一つ、ノルウェーでは軽犯罪の場合「収監」と「罰金+社会貢献」を選べる面白いシステムがあって、その中に深夜の除雪作業というのがある。
こうして市民の生活が守られているわけで、除雪の仕事が人々のライフラインになっている。

画像
新作「スノロア」では女性警官が「犯罪キターーーーッ!!」と喜ぶ予告編となっているけれど、こちらは犯罪に慣れない警官が初めての死体に遭遇してオエっとなる(爆)

「ドラゴンタトゥーの女」だと既に恐ろしい事件も起きていそうだけれど、実際はそのくらいのどかな田舎なのである。

画像
何度も声を立てて笑ってしまう

マフィアをタコ殴りにしたり至近距離で撃って返り血を浴びたりと、そこそこに暴力描写もあるけれどグロいシーンはほぼ無い。
お話も展開も恐ろしい事になっているのに、思わず笑ってしまう高度でシニカルなブラックユーモアがさり気なく散りばめられているのは、どこかタランティーノを思わせる。、

例えば最先端の芸術に囲まれて暮らすマフィアの若きドンは冷酷に抹殺を指示しながらヴィーガンだったり(上の写真の部下たちも、健康に良いジュースを皆飲んでいる(≧▽≦)
その他「移民」と呼ばれてあまりいい気持がしていないニルスも、日系の殺し屋をチャイナマンと呼んだり、東欧マフィアがセルビア人かアルバニア人か判らないとか…
死体を吊るした道路標識が過去のマフィアの抗争を示していると勝手に思ったけど、実は何の意味も無かったとか…

このあえて笑わせようとしていないのに思わず笑っちゃうシニカルさが大好き!!

画像
はじめ犯人を見つけられず、憔悴したニルスは自殺しようとする

鉄製の銃身を口にくわえると、凍て付いた銃に唇が張り付いてしまうなど細かい演出も見事。
この北欧あるある(いや、普通ないことだけど)を、ハリウッドで監督がどう自らリメイクするのか?

何しろ大好きな「特捜部Q」シリーズの「Pからのメッセージ」の監督なのだもの、展開も小ネタもほぼ一緒らしいけど面白くない訳ないよね!?楽しみすぎ~~☆





"DVD「ファイティング・ダディ怒りの除雪車」☆笑えるバトロア" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント