「ブラック・クランズマン」☆意外にも真面目に社会派

予告編を見てずっと楽しみにしていた作品。
てっきりバリバリの痛快ブラックコメディーと思いきや、大いにまじめにどストレートな社会派映画だった。
勿論、随所に笑いも散りばめられているけれど…
言ってみればこの実話が既にブラックユーモアだったということか?


画像
「ブラック・クランズマン」 公式サイト

<ストーリー>

初めての黒人警官として入署してきたロン(ジョン・デビット・ワシントン)は、資料室で受けるあからさまな差別に嫌気がさし、潜入捜査の部署への移動を申し出る。
情報収集の刑事として転属した彼は、新聞の募集記事からKKKへの入団を申し込む電話を掛けてしまう。
黒人蔑視の言葉を巧みに並べ入団許可が下りたものの、黒人である彼が潜入することが出来ず、やむなく同僚のフリップ(アダム・ドライバー)がロンに成りすまし現地へ向かう事になったのは良いが、彼もまたKKKの標的であるユダヤ人だった…


画像
主演のジョン・デビット・ワシントンはデンゼル・ワシントンの息子。
さすが育ちの良さがきちんと滲み出ていて、この役にピッタリ!何しろロンは白人言葉と黒人喋りのバイリンガルなのだ~~(笑)

この人当たりの良さそうな顔立ちと、キュートなアフロヘアと題材に騙されて、てっきり痛快コメディと思って観始めたらなんと大間違い。
なかなかの社会派映画で笑いもあるけど、大真面目に問題提起もしている。

画像
潜入捜査チームはなかなかいいメンバー
新人のロンが先輩たちに対等に指示を飛ばしたりするところは、さすがアメリカ!白人も黒人もないんじゃん☆と思ってしまった。

ロンに成りすます練習では、微妙なイントネーションや話し方の違いなどは私が聞いてもどこがどう違うのか判りにくいのだけど、きっと英語国民が見たら捧腹絶倒なのでしょう☆

画像
ブラック・パワーを掲げて黒人の学生運動を仕切るパトリス(ローラ・ハリアー)に一目惚れするが…
恋にも仕事にも積極的(爆) 仕事に私情を持ち込んでも許されるのもアメリカならでは(なのかな?)

画像
実話では実際潜入を果たす相棒はユダヤ人ではないそうだけど、この設定がより一層スリルを増して話を盛りあげてくれている

ユダヤ人のフリップもまた自らユダヤ人蔑視の言葉を羅列して身元がバレないように乗り切るのだけど、彼の漂々とした態度は本気かウソか『子供の頃からそのことに関して親から特別には聞いていなかった』から平気なのだと言う。

先のロンにしてもとどのつまりは「親がどのように教育してきたか」という点に他ならない。
親が繰り返し悪態をつけば子供もそれを信じてしまうし、憎しみは簡単に連鎖してしまうという事なのだ。

画像
怒涛のラストはお口あんぐり

意外に静かな会話劇となっていたのが、後半からドキドキが加速していく。
そして痛快!と思ったラストのパブの逮捕劇まではなかなかのエンターテインメントとして存分楽しめる。

しかーし!最後のニュース映像を見ると、この映画が実は終始ずしりと重たいものだったことを思い出す。
「ホワイト・パワー!!」「ブラック・パワー!!」と集会で叫ぶ二つの団体が象徴するブラック&ホワイトだけの米国旗がこれからのアメリカを象徴して、なんとも苦い胃液を飲んだような気持ちで劇場を去ることになったのだった。


"「ブラック・クランズマン」☆意外にも真面目に社会派" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント