「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの

新聞記事に載っていた「90歳の男性が麻薬の運び屋で逮捕」という記事にヒントを得て作られた作品。
クリント・イーストウッドが落ちぶれて家族も失ってしまった伊達男の悲哀を、見事なヨレヨレ感で演じている。


画像
「運び屋」 公式サイト

<ストーリー>

デイリリーという1日しか咲かない百合を栽培していたアール(クリント・イーストウッド)は、家族との時間を蔑ろにしてきたことで絶縁されていた。
事業に失敗し家も失ったアールは、「車を運転するだけで儲かる」と言う言葉を信じ仕事をすると、たちまち容易に大金が手に入ってしまった。
一度きりと断ったアールだったが、大金に目がくらみコカインを大量に運ぶ仕事を請け負うようになったのだが…


画像
粋でお洒落な伊達男のアールは、百合のサンプルもタダで配っちゃう
ウィットに富んだジョークを飛ばし、女性を喜ばせる台詞もサラッと言ってダンスも上手、いつもモテモテ。
退役軍人の仲間からも一目置かれ、さらに麻薬カルテルのチンピラたちからも慕われる人気者なのだ。

お金は自分の為にはほとんど使わず(金のブレスレットはしていたけど)、どんどん寄付したり人の為に使ってしまう。『富と名声』というけれど、彼が望んだのは『名声』・・・・というより『賞賛』と言うべきか。
純粋に人が喜ぶ顔を見たい~といった気持ちがこうじての行動だけに、アールじいさんが憎めない好々爺として観客に受け入れられていくようになっている。

画像
金も家も家族も失って、ヨレヨレしているじいさんを演じるイーストウッドが秀逸!

ただ一つ得られなかったのが家族からの賞賛。
なぜ誰からも好かれる好人物が、唯一家族からは冷たくされるのか?
大勢の人からチヤホヤされることのみを優先してきたばかりに、家族への配慮が足りないなんて…

とはいえ、どこの家でも多少は似たような事あるのかも。
遅くまで働いているお父さんの居場所が家になかったり(うちにはあるよ~♪)、毎日料理や家事をやっても誰も褒めてくれないし、しっかり誕生日は忘れられているし~~みたいな?

画像
麻薬捜査官にブラッドリー・クーパーとマイケル・ベーニャ

前半はただただ車で走っているので、ちょっと退屈…麻薬捜査官の捜査の進展もあまりなく~~と思っていると、少しずつ接点が。
妻との記念日を忘れてしまった捜査官に人生の大切な事を語るシーンはグッとくると同時にヒヤヒヤする瞬間。

画像
離婚した妻(ダイアン・ウィースト)だけど本当はお互い愛している

最後は何もかも許してしまう。愛していたからこそ苦しかったのでしょう。
二人の時間が持てたことで、ようやく互いに本当に望んでいた物を得ることが出来た。だからこそ自ら潔く決着をつけたのではないかな。

画像
孫娘の「農場は任せて!」のあとに百合園の映像で、てっきり年寄りだけに保釈されたのかと思ったら…

お話はシンプルなのに、様々なシーンでクスクスと笑えたり、ひやひやしたりとのんびりした中にも緩急が付けられている。
ただ口もきかず絶縁していた父親が麻薬の運び屋と知ったあとに、すんなり和解するのはちょっと違和感。

それにしても、あの状況だとやっちゃうよね…(勿論ダメ!そしてコカイン使うのはもっと駄目よ~はりまやさん!)


"「運び屋」☆伊達男の欲しかったもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント