「アリー スター誕生」☆栄光の影にあるもの

スタ誕ものに昔からそそられず、話題だったけど年末は音楽系映画は「ボヘミアン・ラプソディ」で満足しすぎたため普通にスルーしていた作品。
長患いから解放されて、おや?アカデミー賞候補作品は今まで必ず観ていたのに、これはまだ未見だったー!!

既に公開も終わってる?と思ったら、私みたいな人の為に『アカデミー賞関連作品をいつまでも公開する』映画館が増えて来たみたいne♪

画像
「アリー スター誕生」公式サイト

<ストーリー>

クラブで時々歌うウエイトレスのアリー(レディー・ガガ)は、絶大な人気を誇るロック歌手のジャック(ブラッドリー・クーパー)に見出され、いきなり彼のライブの舞台袖からの出演を果たし、一気に人気者になっていった。
既に聴力を失いかけていたジャックは、薬と酒に頼る日々であったが、アリーとツアーに出たり二人は結婚したりと幸せな日々を送った。
しかし一気にスターダムにのし上がって忙しくなっていくアリーとは裏腹に、日々酒におぼれていくジャックはアリーの大切なグラミー賞授賞式で失態を侵し、ついに病院送りとなる。
晴れて健康を取り戻し、アリーの元へ戻ったジャックだったが…


画像
圧巻のコンサートシーンは観客の動員人数もすごいけど、ブラッドリー・クーパーの歌も上手くて素晴らしい

主演男優賞にノミネートされているのも納得の、歌・ギター・ピアノも上手いし、勿論スターとしての顔・アル中で苦悩する姿とアリーを見つめる微細な表情まで 何もかも見事☆

画像
この映画の肝となる部分、アリーの歌唱力はガガ様だからこその説得力

実は映画公開時、昨年のベストに上げている人が多かったのにも関わらず、この映画を観に行かなかったのは
・実は音楽ものはミュージカルを含め余程でない限り苦手
・ガガ様モデルと聞いていたけど、そんな才能ある人の成功物語ってどうなん?
というおへそ曲がりな気持ちだったのだった。
いやー、私が間違ってましたっ!!!ある意味、ガガ様だからこその映画の気持ち良さ☆しかも演技も上手!

画像
いきなりライブに飛び込みで歌うのはちょっと唐突

リハ無しで歌えるのは才能としても、あの大きなライブ会場へするっと出て行くのって?
それに恋に発展するところがいささか急ぎ過ぎて、ぐっと惹かれあう瞬間を見出せなかったのは残念。

画像
お兄さんとの関係のあたりから泣けてくる

別荘へ車で送った時に初めて兄へ感謝の気持ちを目も見ずにジャックが伝えて、それを受けて黙って目を潤ませる兄のシーンで思わずうるうる。

シナトラより歌が上手いのに成功しなかった父、才能はあるのに弟のサポートに徹していた兄…
栄光の影に挫折と折り合いを付けた人がいて、成功したのに挫折していく影もあり。
まさかただのスター誕生ものとばかり思っていたけれど、どちらかというと栄光の影にある愛と挫折と葛藤と苦悩の物語のほうが中心だったのね…

画像
どうするのが良かったのか・・・?

素晴らしい歌のシーンは物語の内容と歌詞がリンクし、より一層心を揺さぶられる。
そしてラストシーンのまるまる2番も歌うのが許されるのはガガ様だからこそと、ジャックが最後に曲を作るシーンがあってこそ。

ベタなスタ誕ものをここまでに仕上げたブラッドリー・クーパー監督の才能もまた見事に光り輝いていた☆
アカデミー賞にノミネートされるのも納得!!さて、結果はどうかな~?



"「アリー スター誕生」☆栄光の影にあるもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント