「ミスター・ガラス」☆意外性はバッチリ

正直、これ以上アメコミヒーロー的な映画はカンベン…と思って、この映画は観るつもりはなかったのである。
でも評判はそれほど悪くなさそうだし?
風邪ひきで籠っている間に、やることが無くてうっかり「アンブレイカブル」も「スプリット」も復習できちゃったので、それならば~と久しぶりに街中へ出掛けてみたyo


シャマランらしく(?)驚きの結末が待っていた!!そりゃ、あんまりだよぉう~~
画像
「ミスター・ガラス」 公式ディズニー映画サイト

<ストーリー>

前作「アンブレイカブル」で自分の才能を開花させてくれたイライジャ(サミュエルLジャクソン)を精神病院へ送り込んだダン(ブルース・ウィリス)は、自分の力を利用して悪者を成敗する活動に精を出していた。
緑のマントの男として世の中に知られるようになってきたが、ある日多重人格者のケヴィン(ジェームズ・マカヴォイ)と戦っている最中に、謎の一味に誘拐される。
気付くとそこはイライジャも収容されていた精神病院だった…


画像
「アンブレイカブル」で壊れない男の息子ちゃんを演じた子と再び共演!しかも本人だし☆
ちゃんと真っ直ぐイケメンに育って本当に良かったwa
途中懐古シーンでしっかり子供時代も観れて…

画像
精神科の女医は一人ずつ調査を行い、彼らが妄想に捉われていると確信する

画像
予告編でもよく登場するこの3人並べるシーンの意味は??ダンだけ鎖に繋がれているのって?!
どちらかと言うとケヴィンが豹変する多重人格のひとりビーストに比べたら分別もあると思うのだけど…?

彼らの共通点でもある『自分は人より優れた才能があるヒーローだ』と思い込んでるけれど、それは妄想に過ぎないと証明するべく集めた…にしては様子が変だと思ったら!!

画像
「アンブレイカブル」で長年性的虐待を受けていたケイシーは、叔父を刑務所にぶち込んでたのね♪
直前に復習しておいて良かった~

しかし死ぬ思いをしたのに、ケヴィンを助けようと自らやってくるケイシーはなんてメンタルが強いのかしら。
シャマラン監督が考える『過去に辛いものを背負っている人だけが、気高く美しい』という確固たる思いが伝わってくる。
画像
CGなくとも様々な人間を演じられるマカヴォイ。青筋だって立てちゃう

え!?そんな風に終わらすんだ??という完璧に人権を無視した結末に暫くお口あんぐり。
ただ……世の中に溢れるヒーローものを皮肉ったものだとしたら?
すると何故3人をあえて並べたのかが見えてくる。
車いすの天才はX-メンのプロフェッサーだし、増殖していって遂に23人の人格を持つのはさながらアベンジャーズ。ビーストは緑の人ね☆
ダンはマントを翻しているようなシルエットがDCコミックのバットマンに見えなくもない。

ハリウッドの「ヒーローもので荒稼ぎ」な風潮と、それでも人々はその手のものが好きなのだと暗喩して終わったのだとしたらシャマラン監督もなかなかなのもの☆



"「ミスター・ガラス」☆意外性はバッチリ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント