「蜘蛛の巣を払う女」☆凍て付く山道は車が落ちがち

元気な時にはせっせと釣りに出かけ、そうでない時は出張か疲れて寝ているパパンの週末。
この度のど風邪を貰って来たパパンが具合悪そうで、年に1度くらいしか一緒に映画に行くことにならない貴重な日なのに直前まで伏せっていたけど何とか行けたYO


キャスティングはいまいち、でもお話は面白い!!
復習しておくのは北欧版を見ると混乱するので、ハリウッド版「ドラゴンタトゥーの女」だけにしておこう☆
画像
「蜘蛛の巣を払う女」 公式サイト

<ストーリー>

バルデル教授から自身が開発した核攻撃プログラムをアメリカの国家安全保障局から取り戻すことを依頼されたリスベットはいとも簡単にハッキングしてデータを盗み出した。
途端に襲撃を受けるリスペット。防犯カメラに映っていた人物から辿り着いたのは、16年前に別れた双子の妹カミラだった…


画像
今回のリスペットはクレア・フォイ。残念ながらノオミ・ラパスの尖った頑なさもルーニー・マーラーの気丈な儚さもなく、二人のインパクトの強さすら引き継いでいないのにはガッカリ。
それでも作品が面白かったのは、北欧の本気(と書いてマジ)真冬の凍て付く寒さのハンパない絵力と脚本の面白さ、ハラハラさせる展開とやや多めのアクションにあったのかも。
画像
「70歳くらいになったら今乗っているハーレーが重たいから買い替えようと思っている『ドゥカティ』の800ccに乗ってた♪」と映画の感想の第一声がバイクの話でご機嫌なパパン。
そりゃ良かったね~学生の頃からずっと憧れてたバイクだもんね…って、ちょっと待って!私60歳過ぎてもまだ四輪に乗せてもらえないんだ?
ただひたすら雪道でバイクがコケるのでは?と心配して見ていたそう。…ハラハラするとこちがーう!!
画像
やっちゃいけない事、それはミカエルに若きイケメンを使う事。勿論ミカエル役のスペリル・グドナソンはスウェーデン人だし40歳だし?丁度良いと言えば良いのだけれど、違うんだなぁ。
北欧版「ミレニアム」の故ミカエル・ニクヴィストもハリウッド版のダニエル・クレイグも父性があるでしょう?ここ大事!
リスペットは今まで自分を守るべき立場の男性たち(父親、精神病院の院長、後見人)から虐待を受けてきた過去が有る訳だから、ここで必要なミカエル像は落ち着きのあるナイスミドルでなくてはいけないのだっ!
いずれにしてもミカエルの活躍ほぼ無し。
画像
てっきり北欧版でもハリウッド版でも登場する「雪道でスリップして崖に転落するシーンで決着!」と思わせておいて…そうきたか~!?と心の中で拍手☆

とにかく冬の山道はキケン!
知り合いもスキーに行く途中で谷に転落したけど、雪が深くて助かったことがあったっけ。
冬の北欧は10時に日が昇って15時に陽が沈むので撮影が大変だったと監督が言っていたそうだけど、どんよりと薄暗く夜のシーンも多かったne☆
凍て付いた川を渡るシーンは3週間もかかったらしい。何しろ1度渡ると割れちゃうから、別テイクは再び凍ってからでないと出来なかったのでしょう☆
画像
散々に書いたけどお話が面白いのは、ミステリアスな双子の妹の存在が大きい。眉毛が無いだけでまるで別人のようなカミラ役のシルビア・フークスは中々の存在感☆

16年間もいったい父はどんな虐待をしていたの??と思う様な仕掛けに少々戸惑ってしまうけど、ラストのハッカーによるゲーム的シューティングも中々巧い展開。何故銃を持っているかは別として。
カミラとの攻防戦はきょうだい喧嘩にしてはテーマが壮大すぎ…は許せる範囲かな。


とかくネットを使った展開はどこをどうしたのか判りにくいものが多いけれど、今どんな操作をして何が起こったかを判りやすく視覚で見せるので、よりワクワク感が募る。

パパ曰く「女ダイハードだね☆」



"「蜘蛛の巣を払う女」☆凍て付く山道は車が落ちがち" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント