「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙

満を持して話題の映画を観てきたyo
冒頭は、声がわんわん響いて聞き取りにくい廃墟の中で、どこかたどたどしい映像が続き、うーん大丈夫かな?と一抹の不安もあったけれど、ある意味それがあえての演出だったとは!
そしてまさか最後に泣くことになるなんて・・・


画像
「カメラを止めるな!」 公式サイト

<ストーリー>

とある廃墟で「ワンカットワンシーンゾンビサバイバル」映画を撮影中のスタッフが、本当のゾンビに襲われ次々とゾンビ化していく・・・
という設定の映画を撮影中、様々にトラブルが発生。
本物のゾンビから逃げつつトラブルに果敢に挑んでいくメンバーが最後に辿り着いたのは・・・・


画像
42テイクも撮りなおすほど下手くそでもない…というか、どちらかというとゾンビや他のメンバーのほうがたどたどしい

「そこそこの映像を撮る」監督と、そこそこのスタッフ・役者が集まって、『ゾンビ映画を生中継で、しかもワンカットで撮る』というお題に挑むというのが大筋。
撮影中の様子より、休憩中のほうが何故かぎこちないんだけど、それが後から効いていくという斬新なしかけが今回話題になったこの映画の面白さ。
脚本の巧さは目を見張るものがある。

画像
ラストにはメイキングのメイキングもあったりして、実に面白い

監督と女優が不倫しているとか、端役の人のこだわりが激しすぎるとか、アイドル女優の事務所NGをたてにした我が儘とでかい態度など、あるあるネタと業界の裏話的な部分もありがちだけど面白い。
ゾンビ映画をどうやって作るか・・・を知れるのも興味深いけれど、この映画の面白さは、実は『どうしてそうなっちゃったか』にある。

画像
ゾンビよりインパクトのあるプロデューサーほか、上層部は暢気なもので…

無茶ぶりな企画を立てて、製作人だけが苦労をするのは業界でよくある話なのかな?
ドタバタの現場と、人の苦労も知らず和んでいる上層部の対比も笑える。

画像
映像制作の裏側のドタバタ劇とみせかけて実は・・・

ゾンビコメディとして秀逸。
低予算で粗削りに作られた話題の映画は、これだけ話題になるのも納得の面白さ☆

しかし一番素晴らしいのはラストシーンを撮るところ。
まさかこの映画で泣くことになるとは思ってもみなかったのでハンカチの用意もしてなかったけど、まさに『娘を肩車している子供の頃の写真を懐かしんで号泣する父』のように涙がだーだーと出てしまったのだった。


夢半ばで諦めている人たちが情熱を取り戻す瞬間と、バラバラだったメンバーが最後には一致団結する爽快感、距離を感じていた親子関係が一気に縮まる仕掛けと、実はこの映画の素晴らしさは構成の面白さだけでなくこのようなところにあるんじゃないかな☆



"「カメラを止めるな!」☆思いがけない涙" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント