「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」☆成長ものがたり

アカデミー賞にノミネートされていなかったら、正直観に行ってなかったかも。
そしてスピルバーグならではの生真面目なつくりが、前半あくびを何度も出させることにもなった。
一昨年オスカーを受賞した「スポットライト 世紀のスクープ」と比べると、ややメリハリが足りなかったかな…


画像
「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」 公式サイト

<ストーリー>

自殺した夫に代わりトップの座に就任したキャサリン・グラハム(メリル・ストリープ)は、父の時代からの役員たちには陰口をたたかれながらも気丈にワシントン・ポストを盛り立てるべく奔走していた。

そんなとき泥沼化したベトナム戦争に関する機密文書を国防省から漏えいし、ニューヨーク・タイムスが暴露記事を掲載、ニクソン政権から掲載差し止めを請求されることになった。
独自ルートで残りのペンタゴン・ペーパーズを入手したグラハムと編集トップのベン(トム・ハンクス)は、社運と友情と報道の自由との間で決断を迫られるのだが…


画像
この物語は一見、米国政府の闇を暴いていくサスペンスフルな社会派ドラマのようであって、実はアメリカで初の女性新聞発行人となったキャサリンが名実ともにワシントン・ポストのトップとして成長していくお話なのだ。

ある意味普通の主婦が、こんな大きな決断を迫られる新聞社のトップとしてやっていくなんて驚き。
前半部分では株を上場したり、有力者を集めてパーティーをしたりとキャサリンは本筋とは関係ない事をしているようにみえるのも、彼女が後半、本腰を入れて全米を揺るがす大きなリークと向き合っていくところに繋がっていてるのだ。

画像
登場人物が多すぎて、誰の話をしているのか、誰が敵で誰が味方なのか判らなくなってしまうぅ~
外国の小説を読むと、途中で登場人物が誰だったか判らなくなって、何度も裏表紙の登場人物の説明のところに戻っちゃう私には、ちょっとハードル高かったかも(笑)

公式サイトでは内容を詳しく説明している(全部明らか)ので、予習しておいた方がしっかりと楽しめるんじゃないかな。
画像
後半ぐっと白熱したシーンが連続し、ハラハラしてくる

新聞社にお勤めの方は本当に大変!!知り合いに大手新聞社の方がいらっしゃるのを思い出して改めて感心しちゃった。
トム・ハンクスが存在感のある編集トップを熱演。

画像
キャサリンの英断に胸がすく想い

一番面白かったのはウォーターゲート事件を匂わすラストのシーン☆
ニクソン大統領と思われる後ろ姿に、鮮明に聞こえる通話の内容は、勿論ウォーターゲートの盗聴疑惑。
このあとウォーターゲート事件を記事にしていたのはワシントン・ポストだけだったらしいので、キャサリンがその後もぐいぐいと頑張っていくことを匂わせて終っているのが面白かった。



"「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」☆成長ものがたり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント