「スリービルボード」☆心を動かすのは暴力よりも誇りと愛

何しろ脚本が面白い!
何が起こるか、話がどうなっていくのか、予測もつかない方向へ、そして思いつきもしなかった結末へ。
しかも憤怒のかたまりでしかなかった母親が、後悔と苦悩の姿を垣間見せる中盤から、まさかずっと涙することになるとは思ってもみなくて…


画像
「スリービルボード」 公式サイト

<ストーリー>

ミズーリ州の片田舎で娘がレイプされ焼かれて殺されてから7か月、捜査が全く進展しないことに業を煮やした主婦のミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、街はずれの道に3枚の大きな看板を出した。
信頼熱いウィロビー署長の名前を出したことで、街の人たちから総スカンをくらうミルドレッドだったが一歩も引かなかった。
ウィロビーは捜査の過程を丁寧に話すとともに、再び力を入れて捜査を進めるが、その間にも署長を尊敬する部下のディクソン(サム・ロックウェル)巡査はミルドレッドの周辺に圧力をかけてくるのだった。
そんなときいきなり血を吐いたウォロビー署長は病に倒れ・・・・


画像
夜は真っ暗、誰も通らないような田舎道に看板は建てられたけど、効果は絶大で街中大騒ぎ

実はアメリカで実際にこのような看板が立っているのを監督が目撃したことから、イギリスに持ち帰って脚本を練り上げたのだというのでビックリ。
あえてその事件(?)を取材するのではなく、全く新たな物語を作ったことがこの映画の成功のカギだったのかも☆
何しろ脚本の自由度がハンパない。

画像
つなぎが戦闘服の強い母親ミルドレッドは逆風に負けまいとするあまり、親身なアドバイスにも耳を貸さない
しかしニコリともしないミルドレッドが娘に放った最後の言葉が、どんなにか言った本人を苦しめているか知った時から、私の涙はラストまで止まらなかった。

いつものイッチャってヤバイキャラは完全に封印してウッディ・ハレルソンが警察署長を好演している☆
よくあるアメリカ映画の様に署長からしてクソ野郎なのかと思ったら、予想に反して本当に市民から愛される人格者だったyo

画像
広告だけでなくテレビにも出たので、息子は高校でいじめられ・・・・

味方もいるけれど、圧倒的に敵対視されているミルドレッドに、思春期ながらも息子は優しい。
娘がレイプ殺人されたのに(しかも家の近く!)、娘程の年齢の19歳の女と住んでいる暴力元夫に対しても、しっかり母を守ろうと頑張っているのが唯一の救い。

画像
マザコンのディクソン巡査のダメっぷりはコメディ映画なみ!

憎たらしさが半端ないムカつく差別主義ポリスのディクソンが、ポリスストーリーかと思うくらいに笑えるシーンあたりから一転、話は思いがけない方向へ。
しかし素直な子には正しい教育をしないとダメよね…

画像
怒りに支配されて他人を攻撃しているうちは、良い方向へはまわっていかない

ウィロビー署長が書き残した手紙が、それぞれを正しい方向へ導いていく。(ラストはともかく)
本当に人の心を動かすのは、辛辣な言葉や威嚇や脅迫や暴力ではなく、愛と尊厳なのだとこの物語はそっと教えてくれる。
「許す事」を学んだ二人が、どうか戻ってきますように☆〈デットプールになってスパッと切っちゃってもいいけど…)


"「スリービルボード」☆心を動かすのは暴力よりも誇りと愛" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント