「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画

なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか?
なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか?
それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。
舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。


さて、そんな有名な推理小説を実はまだ読んだことが無かった私。
ポアロと一緒に推理も楽しみつつも、何故か釈然としなかったのは…

画像
「オリエント急行殺人」 公式サイト

<ストーリー>

イスタンブールで休暇を楽しむ予定だったポアロ(ケネス・ブラナー)は、急ぎの仕事を頼まれて急遽オリエント急行でフランスのカレーまで乗車することになった。
冬だと言うのに満席だった列車に大急ぎで乗り込むと、乗客の一人アメリカ人富豪のラチェット(ジョニー・デップ)が脅迫状を受け取ったので護衛をしてほしいと頼んできた。
悪どい商売で敵の多いラチェットに正義を感じなかったポアロは断るが、その晩彼は殺されてしまう。
すぐさま乗客一人一人に証言を聞きつつ、捜査を始めるポアロだったが…


画像
とにかく映像が美しい

賑わいをみせるトルコの街並み、雪の降り積もる山道に沈む美しい夕陽、どこまでがセットでどこまでが実写か判らない見事な景色はそれだけでもオリエント急行で旅をしている気分♪

画像
ジョニデは殺される役で早々と退場
意外にも『いけ好かない裏のある商売人』の役にしては大人しかったジョニデ。大女優ジュディ・デンチが居たから?とも思ったけれど、最後の真相が判るまではそこそこ被害者のアメリカ人でいなくてはいけなかったからかな…

画像
大御所は貫禄が凄い
オリエント急行にこそふさわしいようなゴージャスさ。過去作品の侯爵夫人のほうが『豪華絢爛』だったけど、デンチくらいに抑えた衣装の方がより上品さが伝わってくるne

画像
列車も丸々作っちゃった監督権、ポアロ役のケネス・ブラナーは最高に見事!!あのハリポタでウザかった先生と同一人物とは思えないっ!

ベルギー訛りをかなりレッスンしたそうだけど、てっきりポアロはイギリス人と思い込んでいた私。
神経質そうで完璧主義な人物像をパーフェクトに演じていたけれど・・・・

画像
グサッてやられてナイフを抜いちゃう医者も医者だけど、その後平気そうで???

何か違和感のある証言をやたらして、物語をミスリードしていくハバード夫人役のミシェル・ファイファーは、妖艶な立ち居振る舞いがとってもセクシーで、こんな美しいシニアになりたいものだわとしみじみ思っちゃった☆

画像
ラストのトンネルのところは『最後の審判』 のよう・・・・・と思いながら観ていたら、隣のシニアご夫婦の旦那さんが「最後の審判みたいだね」って、おいおい!茶の間じゃないんだから黙って観てよ~~

見事な映像美と豪華キャストとくれば、ロクな映画にならないというのが私の中での定説。
しかし今回はキャストも演技も景色もバッチリ。

じゃあなぜこんなに釈然としないのかというと、それは原作の結末にある。
ケネス・ブラナー監督は「黒と白しかなかったポアロが初めて出会ったグレーな結論」と言っていたけれど、ネクタイが曲がっていても気になるポアロがグレーを受け入れるというのは、ネクタイ曲がっていようと平気な私でも納得できないっ!!

もしかしたらコナン・ドイルは読んでも、アガサ・クリスティーを読まなかった理由がここにあったのかもしれないと今更ながら気付いた私だった。

"「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント