「ギフテッド」☆子育ての方程式

平凡な題名から予測される、よくあるお涙ちょうだいのお話かと思って、特に気に留めていなかった私。
中々評判も良いので観てみたら・・・・まるで予想もしていなかった人から、突然貰ったプレゼントのような素敵なお話だったyo!!



なんといってもこのポスターがいいよね!イケメン俳優を起用しながら、ピントは少女にあっているんだから!
画像
「ギフテッド」 公式サイト

<ストーリー>

天才的な数学の頭脳を持つメアリー(マッケンア・グレイス)は幼い時に母を亡くし、優しい叔父のフランク(クリス・エバンス)に育てられていたが、普通の学校では退屈で度々問題を起こしていた。
頑なにメアリーの英才教育を拒むフランクのもとへやってきた数学者の母イブリン(リンゼイ・ダンカン)は、孫のメアリーに特別な教育を受けさせようと画策し・・・・


画像
フランクはメアリーに愛情を注いでいるけれど過保護にはならず、こましゃくれた発言の多い彼女をしかりつけず優しく諭す。
親のお手本のような姿だけど、中々こうはいかないもので…

メアリーを見ていると何だかねえねの幼い時を思い出す私。
ここまで天才では無かったけれど(特に数学的才能は皆無)、2歳から大人の様に話すねえねはまさにメアリーそのものだったし(≧▽≦)

画像
天才的頭脳を持っているけれど、ちゃんと子供らしい一面を垣間見せる重要なシーン

愛情たっぷりの二人の関係性がとってもあったかくて素敵☆
それをごくごく自然体に演じるクリスと少女がとにかく素晴らしい!!まるで本当に生まれたときから一緒に居たかのよう…

画像
近所に住む黒人のロバータ(オクタヴィア・スペンサー)は毎週メアリーを預かる家族のような存在
彼女のメアリーに対する愛情の注ぎ方も素敵☆
こういった愛情深い人たちに囲まれた環境と、対照的に描かれるのが祖母のイブリン。
一見、数学者として歴史に名を遺す事だけに心血を注いでいるように見える彼女が、果たして愛情のかけらもない冷たい人間なのかというとそうとも言いきれない。

実際オリンピックで活躍するような選手の方たちは、幼いころから厳しいトレーニングを積んできた人も多い。
彼らは天才的才能に加え、友達とも遊ぶ時間なく親から厳しい練習を課せられて今がある。
それが不幸な事だったかと言うとそうでもないし、愛情がないかというとそうではないわけで。

画像
先生といいかんじになるところはいらないかな…

子育てに正解は無い。

鶴亀算を使おうと、方程式を使おうと、答えを導き出すのはその子本人。
親や周囲の大人がしてやれるのは、その子がどんな答えを出してもいいように環境を整えてやることと、無理強いをしないことくらいなんじゃないかな☆

なかなかそのバランスが難しいのだけどね・・・・




"「ギフテッド」☆子育ての方程式" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント