「IT イット ’それ’が見えたら終わり」☆ぞわぞわ鳥肌

とにかく映像的に怖いっ!
ストーリーはいたって簡単な、少年たちのひと夏の冒険&成長物語なのに、とにっかく怖い。
それぞれが抱えるトラウマを克服したら事件は解決するのが判っているから、安心して観ていられるのに、めちゃくちゃ怖い、
久しぶりにぞわぞわと鳥肌が何回も立ってしまって…


これ子供が見たら(R15+だけど)、一生トラウマになるYO

画像
「IT イッツ ’それ’が見えたら終わり」 公式サイト

<ストーリー>

内気な少年ビルの弟は大雨の日に大量の血痕を残して行方不明になった。
自分を責め続けるビルの前に「それ」は現れ、以後恐怖におびえる日々が続く。

小学校を卒業したビルと仲間たちは、いじめっ子の不良から逃げつつも、夏休みを楽しもうとしていた。
新しくメンバーに加わった転校生が、図書館で調べていた「この町は異様に子供の行方不明事件が多い」という記録から、ビルは町の地下に伸びる排水口に秘密があると思い、未だ見つからない弟探しを始めるのだが・・・・


画像
予告編でも見られるこのシーン、くるよねくるよね…と思いながら、めっちゃビビるしっ!!

期待通りにくる怖がらせ方に加え、何でもないシーンに挟まれる映像の乱れ?のような奇妙な早送り、予想を超えてくるピエロの動き。
どれも従来の大きな音で怖がらせるようなものが一切ないのに、ぞわぞわ、ぞわぞわ、わわわわ…と鳥肌が立つ☆

画像
それぞれがトラウマを抱えている

小学校卒業の12~3歳の子供たち。
ベバリーは父親から性的虐待を受けており、町でもウワサになっていて居場所が無い。喘息持ちで潔癖症の子、ユダヤ教の成人の儀式が精神的負担になっている子、羊のと殺を手伝わされている子…
それぞれの恐怖にどのように打ち勝っていくかは、ほぼ「スタンド・バイ・ミー」のようなものなのだけど、各自のトラウマは結構重たい。

そうでなくても子供の頃って、必要以上に何でもないものが『怖く』見えたりするものだものね、無駄に怖がっていたあの頃、判るわかる~

画像
廃墟探検~~あったらするよねぇ~??

必要以上に怖がるくせに、廃墟があったら冒険したくなるもの♪
しかしいざ廃墟へ侵入してから、最後のピエロをやっつけるところまでは、次第に怖くなくなっちゃうのが不思議。
ここからはいかにもホラー然としていて、逆に興ざめしちゃったかも。

画像
何度見ても怖い映写機のシーン

やはり恐怖と言うのは『何だか判らない』ことが一番怖いわけで。
恐怖の正体=ピエロ=各々のトラウマと気付いてからは、王道のホラーなので安心して(?)怖がれる。

画像
わーしゃわしゃわしゃわしゃ~~~っと近づいてくるところは、のけぞる怖さ

しかし不思議なのは、ホラーでよく登場する「ピエロ」は、もとはサーカスの道化師で、パーティなどでも重宝される子供たちに人気のお笑い部門担当なはず?
どうしてこうまでホラーのキャラクターになってしまったのか?

いえいえ、もともとピエロって怖くない?そもそもあの顔で『子供たちに人気』なほうが不自然~~と、この辺は欧米の人との感覚の違いなのかな?

ともあれ、ちょこちょこと見え隠れしているうちはぞっとするほど怖かったのに、いざ目の前に現れて今にも子供を食おうとしているときのピエロは何故か怖くない。
それは思うにピエロ役のビル・スカルスガルドがイケメンすぎて、『怖い』象徴として登場するはずなのに、それこそ逆に愛らしくなっちゃってるからかも!
それともあえて少しずつ怖くなくなっていってるのを、狙っていたのだとしたら中々のものである。



IT〈1〉 (文春文庫)
文藝春秋
スティーヴン キング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by IT〈1〉 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「IT イット ’それ’が見えたら終わり」☆ぞわぞわ鳥肌" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント