「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット

ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・
ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。
多くの一般の人たちが自らの命の危険も顧みず救助に貢献する姿に、思わず温かい涙が目に滲むのだ。
(ラストに言及しています)

画像
「ダンケルク」 公式サイト

<ストーリー>

ドイツ軍に押され北フランスのダンケルクへ追い詰められた40万人の兵士たちを救うべく発動された大規模撤退ダイナモ作戦。
次々と軍艦は爆撃を受け、ようやく乗り込んだ兵士たちも再び戦局の海へ放り出される。
何度も浜へ帰り絶望感漂う中、無数の民間の小舟が近づいてきて・・・・


画像
バリケードを乗り越えようやく浜へ辿り着き、本土へ帰るべく船に乗ろうとするのだが…

本来ならようやくイギリス本土へ帰れる♪となるところを、いきなり絶望感いっぱいに。
何しろ容赦なくドイツ空軍が襲ってくるし、長い行列でいつになったら船に乗れる順番が来るのか…うっすらと本国が見えるくらいの距離だもの、どんなにか帰りたかったことでしょう。

クリストファー・ノーラン監督が描く臨場感溢れる爆撃シーンは、もし宣伝通りCGに頼らない撮影だったとしたら、間違いなく何人かは死んでるね?というぐらいの迫力。さすがにこれは4Dで観るといいのかも☆

画像
マスク俳優(笑)トム・ハーディは空軍エアフォースのパイロット

ほとんど戦闘機に乗ってマスクをつけている状態ながら、特徴的なトム・ハーディの目はすぐわかる☆
実際の戦闘では霧の中でドイツ機を撃墜して、この撤退作戦の成功に大きく貢献したはずのRAF(ロイヤルエアフォース)は、浜に居た兵士たちには気付かれていなかったのだそう。
敵機を撃ち落としたRAFに大歓声を送るシーンは、実は彼らの栄誉をたたえての演出なのかも…

画像
観光船の船長(マーク・ライランス)はフランスの浜まで自らの意志で救助に向かう

臨場感が半端ない戦闘シーンが一見ウリのようだけれども、本当に描きたかったのは、イギリス国民が団結して逆境を乗り越える「ダンケルクスピリット」の部分。
そしてイギリス国民はこの精神をとても誇りに思っているらしい。この点ではちょっと日本人と気質が似ているかも。
実際、3.11で多くの一般人のボランティアが協力し合って被災者を助けている姿を、イギリス人は「まさにブリッツ(イギリス人)のようだ。」と称賛していたのだそうな。(やや上から目線??日本人は元々そういう人種だよ~)

画像
海で助けたイギリス兵(キリアン・マーフィー)は、誤って少年を突き飛ばしてしまうが・・・・

この事故で少年が亡くなってしまったことを、船長の息子が最後まで告げなかったところが最もぐっときたとパパン。
船長は戦闘で息子を失った過去があって、一刻も早くダンケルクへ兵士たちを助けに行きたい気持ちも美談のひとつとはいえ、私的にはその少年が我が子だったらどうだったのかな?と思わずにはいられなかった…

画像
絶望と希望とのふり幅が激しい

やっと船に乗っては船が沈没、浜でいちからやり直し、再び船に乗り込んでは沈没の繰り返し。
私を何度溺れさせたら気が済むのーっ!??うぐぐぐぶ・・・・

助かっては溺れるの合間に、民間船で救助に向かう船、空軍の空中戦と時系列が少しずつ前後しながら挟み込まれるので、頭をフル回転させないとならない。
おまけに兵士たちはみなドロドロで同じ軍服、段々見分けも付かなくなってしまう(≧▽≦)

画像
海軍中尉(ケネス・ブラナー)は最後まで残ってイギリス兵とフランス兵の救助を見守った


ラスト、無事帰還した兵を多くの年寄りが暖かく迎えるシーンは、私が最も感動したところ。
きっと船長と同じように、若くして戦争で息子を亡くした親たちが、たとえ負けそうになって撤退したとはいえ、みな我が子の影を感じて手厚くもてなしたに違いない。

じわっと涙が滲みながら、船でも港でもどこでもやっぱり『紅茶』なんだ~?とつい笑ってしまった私。
これぞダンケルクスピリット☆


"「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント