「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて

スパイと言えば美男美女。
吊り橋効果も手伝って、そんな二人だもの恋に落ちる訳だわ☆
ジョニデにしてもブラピにしても、やっぱり若い美女の魅力には抗えないのne


昔ロンドンに住んでいた辺りで撮影をしていたと、ロンドン在住特派員ママ友からのタレこみがあってから、ずーっと楽しみに待っていた作品☆(➡ブラピ新作映画「Allied」アクトンで撮影中!☆ロンドン特派員たより
知っている場所はないかな??と気も散りながら鑑賞していたけれど、モロッコでの危険な暗殺指令や、妻に対する疑惑、そして・・・・とドキドキする展開は見ごたえ十分。

なによりブラピがカッコイイこと!!
クールなスパイの顔、恋に落ちた瞬間、愛にとろける顔、疑惑に苦悩する姿、そして絶望の淵に立たされる表情。
予測のつきやすい展開でありながら、二人の微妙な表情の変化の秀逸さに思わず心を惹きつけられてしまった。

画像
「マリアンヌ」 公式サイト

<ストーリー>

カサブランカでフランス軍レジスタンスの美女マリアンヌ(マリオン・コティヤール)と夫婦という設定で極秘任務にあたったマックス(ブラットピット)は、いつしか彼女を愛し始めていた。
任務を終えロンドンで結婚した二人は、戦火の中での出産も無事済み、幸せな家庭を築いていたが、ある時上司に呼び出され、妻のスパイ疑惑を指摘される。
マックスは独自に彼女の疑惑を晴らそうと奔走するのだが・・・・


画像
マックスの優秀ぶりが凄い。それにしても、まあ、なんて美しい二人なのでしょう☆
この年代の俳優で劣化せずにがんばってこれているのって、ブラピだけなのでは?(あ、トムちんも!)

それぞれ腕利きのスパイであることが、様々なシーンで証明されるのだけど、やっぱり恋は盲目なのかな・・・
「スパイ同士でヤルと、敵にヤラれる。」って言っていたのに~~

画像
モロッコの砂漠のシーンは、スペインのカナリア諸島で撮影

激しい砂塵の嵐の中でのラブシーンは、なんだか新しいパターンで新鮮☆=激しく燃え上がる演出が巧い。
それにしても憂いを含んだ謎めいた女スパイは、マリオンをおいて他にはいなかったよね。

画像
この辺りがアクトン周辺なのかな~?坂を降り切ったV字の三角形の家が目印?確かにこんな古い街灯やレンガの家がいっぱいあったよね☆

他に子供たちがよく遊んでいたノエル公園で、沢山のアーミーの車を停めて撮影していたらしいけど、ちょっと気が付かなかったwa

それにしても戦火の最中の出産は、真っ最中すぎてビックリ!!
画像
ハムステッドヒースで家族団らんのシーン☆ハムステッドはよく遊びに行った丘(➡ロンドンホラースポット☆ハムステッドヒースにマイケルの幽霊
かなりの傾斜のある丘の上に、ケンウッドハウスというのが建っているのだけど、映画ではハムステッドの丘に家があるという設定。

画像
危険を承知で妻の濡れ衣を晴らそうと奔走する
妻のために沢山の犠牲を出したけれど、必死感は伝わってくる。

ラストの雨のエアフォースでのシーンは秀逸!
雨のロンドンだからこそのシーン。「静かな雨の音にかき消される声」の演出は、マックスの切なさをより際立たせる。

多分CGじゃないエアフォースの戦闘機も見事で、どんな時代の映画にも対応できちゃうイギリスって本当に凄いわ☆
DVDになったらもっとじっくり見たいな♪




"「マリアンヌ」☆映画ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント