「土竜の唄 香港狂奏曲」☆突き抜け感すごい

横浜の洋館めぐりが続きすぎてしまったので、ちょっと一休みして、明日から公開の映画「土竜の唄 香港狂奏曲」の感想を。


1作目の「土竜(モグラ)の唄」は、ドタバタが過ぎてどうなん?と思って見ないでいたけれど、今回試写会が当たったので大急ぎで見てみると~~こんなに面白い映画だったなんて!!
でも続編としてはどうかしら?期待値が上がるのを、気持ちを抑えて観てきたyo

画像
「土竜の唄 香港狂奏曲」 公式サイト(12月23日公開)

<ストーリー>

ヤクザの世界へ潜入捜査官として潜った菊川玲二(生田斗真)は、クレイジーパピヨン(堤真一)と兄弟杯を交わし、新しい組を立ち上げる羽目に。
最終の標的でもある数寄矢会会長・轟周宝(岩城滉一)から香港マフィアの撲滅と娘かれん(本田翼)のボディーガードをいいつけられ、ヤクザとの癒着撲滅に力を入れる警視庁の敏腕刑事 兜(瑛大)からも付け狙われる。

そんな中、香港ヤクザにかれんがさらわれてしまい、香港の人身売買のオークションにかけられる事件が発生。
パピヨンと会場に忍び込んだ玲二だったが・・・・



画像
いや~~!!これは面白い♪
斗真くん狙いなのか女性客が多かったけれど、ちょっとエロいシーンも皆お構いなしに大爆笑。
突き抜けた斗真くんの演技も見事で、とんだコメディもやるのに、ちゃんとカッコイイ斗真くんに完璧に脱帽!!

画像
クドカンワールド炸裂!この3人の「もぐらの唄」が笑える~~

どうやら「3番まであっるっよ~!」ということなので、まだ続編があるらしい。
何しろラストで国際指名手配になってしまうのだから・・・・・ロケ地がどこになるのか、今からワクワク・・・

画像
標的でもある数寄矢会会長・轟周宝の娘の処女を守るため、つい頑張る玲二

お嬢様のかれんちゃんが、一瞬でアバズレに豹変するところは爆笑。
斗真くんのサービスショットもたっぷりで、ファンの人たちには堪らないでしょうね~
勿論、男性が観ても堪らないシーンもしっかり♪

画像
はぐれヤクザのモモンガ(古田新太)は、裏でチャイニーズヤクザと手を組み人身売買に手を染めていた

元は舎弟だったモモンガが破門になったことで逆恨みし・・・って、ヤクザさんも大変ね。
どんな役もバッチリの古田新太が、楽しそうにモモンガのぬいぐるみを操る(爆)

画像
日本で一番ムチが似合う女優 菜々緒が、アクション&セクシーショット&白目剥きコメディと果敢に挑戦

中国語も操り、最後まで大活躍。
ムチも似合うけどトラも似合うわぁ~

画像
警視庁のエリート刑事の兜は執拗に玲二を追い回す

もしや兜刑事はトラに??とヒヤヒヤしながら観ていたら、最後はなんと!!


最初も最後もノーパンで頑張る斗真くんの姿と、エンディングにかかる関ジャニ∞のノリの良い曲がいつまでも頭の中にリフレインし続ける映画。
年忘れで笑い納めしたい人は是非!!



"「土竜の唄 香港狂奏曲」☆突き抜け感すごい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント