「ジェーン」ナタポー製作主演☆ユアン・マクレガーを探せ!

普通に西部劇なんだけど、実は一味違う。
女性の地位が高くなかった時代の物語に、過去、守られるだけのものとして描かれていた女性が、自らの意志で銃を取り立ち向かっていく設定は、やはり時代を反映しているということか。


邦題の「ジェーン」より原題の「Jane Got a Gun」がしっくりいく内容。

ナタポーが主演だからというより、西部劇なのに女性が強いというより、気持ちよくハッピーエンドだからというよりも、何よりユアン・マクレガーが凄いから観て!!
役柄も誰なのかもわかっているのに、ユアン・マクレガーが見つけられないって・・・・(爆)


画像
「ジェーン」 公式サイト(10月22日公開)

<ストーリー>

幼い娘とふたり荒野で頑張ってきたジェーン(ナタリー・ポートマン)は、傷を負って帰宅した夫を守るため、昔の恋人ダン(ジョエル・エドガートン)に助けを求める。
最初はつれないダンだったが、賞金首のビショップ(ユアン・マクレガー)の手下に襲われていたジェーンを救い、荒野に立つ家で、敵を迎え撃つ準備を始めるのだった。
実は二人の間に子供がいたことを打ち明けたジェーンは、過去の出来事を初めて話し、二人の誤解が解けつつあったそんな時ついに・・・・


画像
私生活でも母となったナタポーが、幼い娘を守るために強くなって頑張る話

この女の子がまた可愛いんだわ~
それでももう少し母と娘を見られるのかと思ったら、実は早々に友達の家へ預けてしまう。
どちらかというと、家族の為に頑張るお話。

画像
背中に何発も銃弾を受けて、命からがら帰宅した夫ビル・ハム・ハモンド(ノア・エメリッヒ)

どちらかというと回想シーンに登場する元気な頃の夫が、どうしてもユアン・マクレガーに見えちゃう。
どうやら金髪碧眼=ユアンなイメージを強く持っているみたいね、私って。

それにしても、冷酷なビショップ(ユアン・マクレガー)は、何度アップになってもユアンには見えない!!

画像
わだかまりの消えないダンとジェーンの過去が、少しずつ明らかになっていく

ただ砂ぼこり舞う荒野で、言葉も交わさず黙々と無音で過ごす二人のシーンは、じれじれとして、ちょっとだけウトとしたりもするけれど、段々と誤解が解けていく様子は、どこのカップルにもありそう~~

画像
軍隊経験のあるダンに様々な事を教わる

特徴的な顔立ちのジョエル・エドガートンは、どこかですごく見た記憶があって気になって気になって・・・・「スター・ウォーズ」はともかく「遊星からの物体X」だったと判ってやっとスッキリ。


戦う事で少しずつ強い女に成長していくジェーンなんだけど、さすがにドーンと後ろに吹き飛ばされるほど撃たれたダンや、お腹を打たれたジェーンが、割とあっさり回復しちゃうのはどうなのかな??
それに物凄い賞金首のビショップ一門も、普通に街でのさばっているのも何となく不自然・・・


IQ140のナタポー製作のわりに突っ込みどころもあるけれど、久しぶりの西部劇が、こういう形で復活するのもまた面白いかも。
美しい荒野の夕陽をバックに、ハッピーエンドも素敵☆


女性限定試写会で、映画ライターのよしひろまさみち氏がなかなか面白いトークをしてくれたのは、過去の登壇者の中で一番良かったかも♪


"「ジェーン」ナタポー製作主演☆ユアン・マクレガーを探せ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント