「永い言い訳」☆言い訳の答え

今年一番の邦画との呼び声も高い、西川美和監督が自らの小説を映画化した作品。
もっくんが出演する映画なら間違いはない・・・・というのは事実だった。
笑いも有り、私なんて結構ずーっとウルウルし通しだったくらいだけど、ここはさすがの西川美和作品、一筋縄ではいかない。
「いったい何を言い訳していたのか?」は明確にはされないのだから・・・・


画像
「永い言い訳」 公式サイト(10月14日 公開)

<ストーリー>

美容師の妻(深津絵里)に自宅で髪を切ってもらいながら、幸夫(本木雅弘)は今から妻が旅行に出る隙に愛人を呼ぼうと気もそぞろだった。
昨夜のバス事故で妻を亡くした作家の衣笠幸夫は、葬式でも涙も出なかったが、表面的には悲劇の夫を演じるしかなかった。

ある日、妻と旅行に行って一緒に亡くなった親友の遺族と出会う。悲しみに暮れる夫の大宮陽一(竹原ピストル)は、中学受験を控えた息子と幼い娘を抱えて途方に暮れていた。
つい子供たちの世話を申し出た幸夫は・・・・・


画像
妻が凍て付いた湖にバスごと沈んでいた時に、幸夫は愛人と・・・・

行動の一つ一つが全て「幸夫」の性格を表している。
妻に愛情たっぷりに「幸夫くん」と呼ばれることを嫌がる彼は、妻を「あなた」としか呼ばない。
しかし罪悪感に苛まされ泣きじゃくる愛人(黒木華)に対しても、常に念頭にあるのは「自分」だけ。

何から何まで『自分本位』な幸夫には、他人を「思いやる」心がないのだ。

画像
「人の心」を理解しようとしない幸夫は、事故現場の斎場でさっさと遺骨にして持ち帰ったことを、妻の職場の同僚になじられても、何で怒っているのか想像すらできない

こういった無自覚な無神経さは、多くの男性が持ち合わせている事なんじゃないかな。
実際この日は男性の観客も多く、「確かに動きはコミカルだけど、そこは泣くところでしょう??」というような場面で笑ったりするのは、大抵男性。
こんなとき、ああ雄って本当に表面的な事しか見てないんだなぁと思ってしまうのだ。

これは嫌味でもなんでもなく、実際統計学的に(生物学的に?)男子は「主人公の気持ちを表している個所を選びなさい」等の、国語の問題が苦手なのだそう。
ある意味古来から「獲物を獲る」男と、「子供を育てる」女性の遺伝子に明らか違いがあるのかも。

画像
自分でもわからないうちに、子供たちの世話にのめり込んでいく

母を亡くし、幼い妹の面倒をみながら受験勉強をする秀才のお兄ちゃん(藤田健心)は思春期まっさかり。
トラック野郎の父を恥と思い、作家の幸夫に唯一弱みを見せてくれることで、幸夫の父性本能が開花する。
お兄ちゃんの辛い気持ちも判るし、ふがいないと思いつつも思春期の息子の態度に悩む父の気持ちも判るだけにどちらも切ないわぁ~~

画像
不思議な家族関係が出来上がっていく

親友の夫 大宮役の竹原ピストルさんがまたいい!
ちょっとガッツ石松風な風貌で、素直に感情を露わにして、くよくよと妻を想い泣いたりする。そしてあったかい♪

吃音の学芸員の女性(山田真歩)に冷たくする幸夫と、そんな彼女に自然にあたたかく接する大宮。
この二人だからこそのいいコンビなのだろう。

画像
何よりマイペースなあかりちゃん(白鳥玉季)が絶妙!!!
この子、演技なの?素なの??  これは将来大物になるに違いないyo

凄いのはもう一人、冒頭でさっそく死んじゃう深津絵里。
意味ありげな表情で、わずかな出演でもその存在感は見事!!


妻の心情、お兄ちゃんの心情、大宮の気持ち、愛人の虚しさ、幸夫の頑張り、どれをとっても涙が出てしまい、少しずつずっと泣いていたら目が真っ赤になってしまったyo
画像
しかし「何の言い訳」だったのか、どんな言い訳だったのか・・・・
『長い』ではなくあえて『永い』としたということは、それが永遠という意味に違いないわけで。

妻がバスから夫に宛てた書きかけのメール「もう愛していない ひとかけらも」の言葉は、夫に宛てた自分の気持ちなのではなく、彼女が夫の気持ちを言い当てたのだと私は思っているのだけど・・・・
何故それを書いたのか・・・・どういう意味だったのか?その訳は?

案外私も表面的な事しか見えてないのかな?まだまだ修行がたりないね。


"「永い言い訳」☆言い訳の答え" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント