「ぼくのおじさん」 したコメ☆オープニングでまったり

「したまちコメディ映画祭」オープニング作品は、松田龍平主演の「ぼくのおじさん」
ワールドプレミアだけに、もしかしてレッドカーペットに来たりして??と期待するも現れず。
そりゃ大騒ぎになるもんね・・・・


画像
「ぼくのおじさん」 公式サイト(11月3日公開)

<ストーリー>

小学4年生のぼく(大西利空)は、作文コンクールに出す「自分の周りにいる大人」というテーマに、自宅に居候している雪男「おじさん」のことを書くことにした。
いつも万年床でダラダラして漫画を読んでいる「おじさん」は、ある日一目惚れをした女性に会いに、ハワイへ行くと決意する。
空き缶の応募券を大量に集めるも見事ハズレ、失意のどん底にいる時に、ぼくは作文コンクールに優勝して「おじさん」をハワイへ連れて行くのだが・・・・


画像
「ぼく」のお父さんはクドカンで、出てきただけで笑いが起こるのに、いたって厳格な父だったりするところがまた笑える

穴の開いた靴下に普段からスラックスに毛糸のチョッキを着ている「おじさん」
厳格な父に丁寧な母、
原作が北杜夫だけに、ちょっとテイストは昭和チック。

画像
いつも髪がボサボサなおじさんの、普通にあるあるな失敗談がクスクス笑いを誘う

終始まったりな雰囲気。松田龍平の飄々とした演技でそのまったり感を引っ張る。
だらしなくてダメダメな・・・・って、ちょっと松田龍平ではイケメン過ぎるし?
とはいえ、自分が不利になると小難しい哲学的な話で煙にまくところは、さすがピッタリなイメージ☆

画像
運命の出会い!写真家のエリー(真木よう子)を伯母さんから紹介され、その気になるけれど・・・・

ハワイ育ちのエリーがフレンドリーなのは当然。
絶対にハワイに会いに来てね~~と言われて、その気になったのはいいけれど、本気で空き缶のシールを集め出すところで大爆笑。
細かいネタで終始クスクス。

画像
ハワイに行ってからの失敗の連続は、もうお腹を抱えて笑っちゃう

そもそも非常勤とは言っても、大学教授でありながらこの駄目さ加減は無いでしょう~~?と、ママ友に言ったら「だから非常勤なのよ。」って、なるほど!!
ハワイに着いて早々、右往左往するところはあながち他人事には思えない私(汗)


イライラさせられる「おじさん」の駄目さに、「ぼく」が冷静に空気を読んで対処していくのも見事。
段々とムカついてくるほどしょうもない雪男が、どんな風にラスト着地するのかと思ったら・・・・・



画像
最後に登壇してインタビュー、役作りのまま?のもっさりしたイメージの松田龍平氏と、役以上にしっかり者の大西利空くん

利空くんはハワイでいっぱい泳いだそう☆
龍平さんは泳ぎましたか?と聞かれ「いえ・・・・」と歯切れが悪かったけれど、熱中症で倒れるひ弱な人の役だけに、いいかんじに小麦色になってちゃダメなのでしょうね。


クスクス笑ってほっこりするラストは、ちょっとだけ切ないけれど、もしかしたら続編も?な余韻を残して、いいムードで締めくくる☆
「ぼく」役の利空くんの今後も楽しみな作品。


"「ぼくのおじさん」 したコメ☆オープニングでまったり" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント