「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ

庵野映画である。
それが証拠に、劇場で売っている記念グッズのジグソーパズルだってTシャツだって、ゴジラとエヴァが戦っている絵なのだし、公式サイトでは既にエヴァにゴジラの尻尾が生えた合体フィギアも販売されていたり・・・・
いいのよ、だって庵野監督作品なんだから・・・・


ちなみに私はゴジラファンでもエヴァファンでもない。
この新作の為に1作目~3作目まで「ゴジラ」「ゴジラの逆襲」「ゴジラ対キングコング」を見たものの、必ず途中寝てしまうので3回ずつ見直す羽目になるくらいだし、エヴァンゲリオンはねえねに付き合って全話見てるけど(アニメも)破だの序だの言われてもどれがどれだか判らないし~~

そんな私が観たこの「シン・ゴジラ」  まさに傑作だわ!!

画像
「シン・ゴジラ」公式サイト

<ストーリー>

東京湾に現れた謎の生物は、甚大な被害を及ぼしつつ再び海へ去って行った。
内閣では緊急な会議を開くも、対策本部では有識者が尻込みするばかりで一向に事態の究明も対策も進まなかった。
米国特使のカヨコ・バタースン(石原さとみ)のヒントにより、矢口(長谷川博己)ははぐれ者を集めたチームを結成し真相究明に乗り出す。
そんな時に再び姿を現した巨大生物は、迎え撃つ自衛隊の攻撃も虚しく、都心に向けて破壊を進めていたが・・・・


画像
予告編でも彼の怒りの表情のみという、情報を表に出さない作戦で公開まで秘密裏に進められたのが成功のカギ

とにかく冒頭から庵野色でいっぱい。
画面いっぱいに書かれたレタリングの宿題みたいな役職名のテロップ、
特徴的なアングルの構図、
早口で喋る役者に、画面からはみ出るほどの必要以上のドアップ顔、
音楽からゴジラの発するビームまで、まさにエヴァそのもの。

画像
いつもなら寝てしまう怪獣バトルのシーンも見事なド迫力映像で瞬きもする暇なし

ハリウッド版「GODZILLA」でも戦いのシーンは例にもれず眠くなる私は、夜のバトルシーンが実は鬼門。
なので今回あまり吠えず、夜のシーンは少しだけなので良かったのかも。
勿論、本物のゴジラファンの方にはこの辺が物足りないところなのでしょうけど。

画像
石原さとみが大健闘
かなりハードな撮影だったらしく、涙を流しながら役に挑んだというのも納得の台詞回し。
もう少しネイティブのクールビューティーを探しても良かったかもだけど、これだけ頑張ったなら合格点では?

それにしても物凄く大勢の大物俳優が、アップすぎたりヘルメットで顔があまり判らない状態で出演しまくっているとう・・・・
こういうところもスキ♪

画像
ゴジラの醜さに込めた庵野シナリオの想いがきっちり伝わってくる

常日頃、怪獣をやっつけて海へ帰っていく都合のよいゴジラに一人不満を抱いていた私。
幼獣ゴジラのキモさは想像していた以上だったけれど、本来の第1作目「ゴジラ」のテーマを考えれば、このキモさが正しいわけで。

原爆が落とされてからわずか9年目に作られた「ゴジラ」
そして原発事故が起きて今だからこそ作られた「シン・ゴジラ」
その根幹にある『人類を容赦なく滅ぼす核の脅威』を具現化したものがゴジラであるならば、その姿が愛らしくてはいけないのだ。

画像
国を救おうと心から意欲のある者たちで作られたチームは、寝食を忘れて対策に打ち込む

お役所的会議と逼迫した状況でもGOサインを伝達していかなくては動けない国のシステム、かの国に結局持っていかれても何もできない日本に、立場ばかりで意見も出せない政府・・・・
「シン・ゴジラ2」は有り得ない結末に、『もう同じ間違いはしてはいけない』というきっぱりとしたメッセージと、解決に導くヒントを盛り込んだ点で、1作目「ゴジラ」より、より一層強いメッセージ性を感じて実に秀逸。

画像
エンドロールに宮沢賢治と出ていたので?と思ったら、文壇クラスターのねえねは博士の船に折り鶴と一緒に残されていたのが宮沢賢治の『春と修羅』の本だったと、ちゃんとチェックしていたyo

後で調べてみると、『春と修羅』の補遺の中の1つ『宗谷挽歌』の中にこのような一節があった。
みんなのほんたうの幸福を求めてなら
私たちはこのまゝこのまっくらな
海に封ぜられても悔いてはいけない


多くの犠牲を出した未曾有の大惨事から、自己犠牲をいとわない尽力によって再生しつつある日本と、世界一後ろ向きのアニメ「エヴァンゲリオン」で崩壊した庵野監督がこの映画でリハビリする姿はどこか重なるものがある。


漫画「アオイホノオ」で人気の島本和彦先生が発したツイートから、庵野監督から東宝映画にかけあって、早速「発声可能上映」(マサラ方式みたいな?)が実現したりと、庵野監督のリハビリも順調な様子(笑)
島本先生は「庵野やめろォォォォ~~!俺より面白いもんつくんじゃねぇ!!」と叫ぶとツイートしていたものの、実はコミケに参加しててラブライブ!の本出す予定だったけど、急にゴジラ観てから「庵野vsホノオ(?)」本出したくなって今から50ページ描いているところなのだとか・・・・・・
発音可能上映は15日。

ここから8月14日追記
さてコミケ当日。こちらが超超超長蛇の列に並んでようやくねえねがゲットした「シンゴジ」本。
画像

右がウラ・シマモト作「シン・ゴジラ」アンノVSホノオ本、左がその島本和彦先生の隣のブースで出品していた田中圭一氏の島本作品のパロディ本(笑)
それにしてもコミケ本とはいえ2~3日で1冊仕上げるなんて、やっぱりプロの漫画家は凄いなぁ。

晴れて15日の発音可能上映に、席まで用意して貰っていて驚いている島本先生は、果たして本当に叫ぶのか!?

更に16日追記

島本和彦先生が登壇して、さらに庵野監督も駆けつけた15日の発声可能上映は大成功!→『俺たちは庵野に負けたんだ!「シン・ゴジラ」上映会で島本和彦絶叫!庵野も登壇も』
全員で劇中の台詞を言ったり、ゴジラなら赤、自衛隊なら緑とサイリウムの色を変えて振ったり、人間やゴジラや自衛隊を応援したり、最後は「イッキ‼!イッキ!!」コールが起きたりしたそうな。いいな~またやらないかな?
最後はウルトラマンポーズで写真に納まる庵野監督がカワユイ☆
観客で中央線の被り物を被ったり、ゴジラのモーションキャプチャーをする野村萬斎のコスプレの人もいて超爆笑!なによりお茶出しの片桐はいりコスがシュール(爆)
ラインライブで配信中だそう。


"「シン・ゴジラ」☆リバイバルでリハビリ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント