「ボタニカ」六本木☆天空のテラスで癒しのひととき(閉店)

息子たちの大学進学も決まって一息ついたのでお会いしましょうと言っていた高校のママ友とのランチ。
実はねえねが敬愛する漫画家さんの息子さんが同学年で、その奥さまとお知り合いになることが出来て、その後も仲良くさせて頂いていたのだけれど、さすがに学校も違っちゃうとお会いする機会もなくなってしまいそうなので、今回は特別ねえねもママ会に参加(笑)
何しろ先生の息子さんは東大だからね!!
先生の新作のお話もちょっとはできたかな・・・?
(こんなに残念なことは無いけれど閉店)

今回はセレンさんがご紹介なさってて、ずっと気になっていた「ボタニカ」へ。(ひらまつグループ)
画像
「ボタニカ」 公式HP日比谷線 大江戸線 六本木駅 直結  東京ミッドタウン ガーデンテラス4F
アクセスの良さで選んだけれど、ミッドタウンの中で迷ってあわあわしちゃった~~

今回はメニューAのアミューズ+前菜+メイン+1皿目のデザート+2皿目のデザート+カフェ+小菓子で3000円(税サ別)
贅沢な空間を使った店内は、ラグジュアリー感あふれる大人のレストランといったところ。
画像画像
画像
アミューズは初夏の一皿
素材感のあるコーンスープにはポップコーンでアクセント、ボイルしたエビの下にはエスニックテイストのトマトソースが隠されていて、スプーンの下にお皿とのノリ代わりに使われているクリームチーズと合わせた瞬間、お口の中でぐっとイタリアンな味わいに。
半分に畳まれた加賀キュウリの中には、青魚のマリネ。

画像
アオリ烏賊とイカスミのパエージャ  茨城県産有機ハーブとホワイトセロリのサラダと共に
イカスミのパエリアというだけで驚きなのに、真四角に切り取られた表面がパリッとして2度びっくり。
サラダの下に隠れているアオリ烏賊とトマトが絶妙にマッチ☆

画像画像
画像
スペイン ガリシア産栗豚のロースト 岩手産独活(ウド)のベリグール チェリーとトマトのタルタル 和歌山県産葡萄山椒薫ベアルネーズソース

とにかくひとつひとつの味が細やかな上に手が込んでいる。
見た目だけ賑やかに盛り付けて、味付けはイマイチなお店も少なからずあるけれど、ここは意外な食材をさり気なく気付かれぬように使っておいて、涼しい顔をしているところがニクイne♪
特に見た目が同じなのにチェリーとトマトを合わせる技には脱帽~~

画像画像














1皿目のデザートも2種類から選べる。
左はマスカットのグラニテ アロエのサラダとセロリのコンフィチュール。セロリがデザートになるなんて!
右は大石プラムのソルベ エルダーフラワー香るトニックウォーターを注いで
小さなショットグラスに入ってきたトニックウォーターを注ぐと、シュワシュワと勢いよく弾けて、ほんのりとやさしいエルダーフラワーの香りがしてくる。なんと楽しい演出なのかしら♪ソルベの下にはちゃんとプラムが入ってる心憎さ。

画像画像
画像
2皿目のデザートも登場(左上)京都府産賀茂ナスとそば粉のクレープ タヒチ産グラスヴァニーユと共には、見た目はアレなうえに、ナス??とダブルインパクトなんだけど、すごく美味しい~♪とねえね。
(右上)トロピカルフルーツのタルタルとソルベ ジャスミンのエスプーマ ココナッツのメレンゲは、お水の入っているグラスと同じ大きなグラスで。

私はメロンのパルフェ ヨーグルトを使っていて、大きなパフェだけどさっぱりといただけてGOOD!

画像
最後は植物がモチーフのカップでラテを。
小菓子はキャラメル風味のマカロンと小さなマドレーヌ。沢山いただいたのに、お腹が苦しくてうっぷとならずに最後までお食事を楽しめたyo

画像画像
画像
この日はあまりスカッとしたお天気ではなかったけれど、テラスでいただくのにはもってこいの気候だったかも。
既に暑くなってしまって昼間にお外はムリ!ってかんじだけれど、夜など夕涼みにはいい雰囲気でおススメ。

グループ系列のレストランに疑心暗鬼だった私だけれど、ここは超気に入ったわ。
コスパも良いし、また是非利用したいな~♪




"「ボタニカ」六本木☆天空のテラスで癒しのひととき(閉店)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント