「リリーのすべて」☆せつなさ100%

妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。
納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。
せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。


画像
「リリーのすべて」 公式サイト

<ストーリー>

シャイだけどデンマークでは一流の画家アイナー(エディ・レッドメイン)は、同じ画家の妻のゲルダ(アリシア・ビガンダー)にモデルの代わりを頼まれたのをきっかけに、自分の中の女性に目覚めていく。
次第にこっそりと女装をするようになり、そんな夫を認めて、女性としての夫をモデルに描いた絵は爆発的な人気に。
パリに居住を移し、有意義な日々を送るゲルダに対し、いよいよ追い詰められたアイナーは・・・・


画像
男性として生きるアイナーと、女性性が表に出ている時のリリー、リリーが出始めてからの男装のアイナーと、見事に演じ分けるエディに脱帽!!

男性でもカマっぽく演技をするのは、テレビでよく見かけること。
しかし、男性なのについカマっぽい仕草になってしまうのと、男性っぽくふるまっているのにちょっと女っぽい所が出てしまうのとはやはり違う訳で。
ここをきちんと演じ分けられるエディは、ひとかたならぬ役者であることに間違いはない。

画像
対してさばさばと男っぽい妻のゲルダ

服装も当時の女性にしてはあっさりとしたデザイン。
出会った時にゲルダから声をかけたりと、そもそも男性役のゲルダ女性の立場でいたアイナーと、実は運命は既に決まっていたのね。

画像
モデルを頼んだばっかりに「夫」を失うゲルダ、「自分」を見出すアイナー

シャイで繊細なアイナーだけど、ちゃんと夫として夜のおつとめもしていた時は、しっかり男っぽかったのに、リリーに目覚めてからは、ただそこに立っているだけなのに、その『男っぽさ』が消えている!
同じスーツで、同じように絵を描いているだけなのに~~~っ

画像
最初は遊びで女装していると思っていたゲルダが、「本気の夫」に気付いた時の、あの表情は忘れられない。
アイナーの気持ちにも寄り添いたいけど、妻としての寂しさも同時に表現する、この見事な演技力といったら!

画像
女性になると決めてからは、理解し合っているようで、心と体の距離は開いていく

一番の理解者でありながら、最も愛する人の心が遠くへ行ってしまうせつなさ。
手術の日に「ついてきていいよ。」というアイナーに「自分のことばかりね。」と初めて本音を言う妻。
「お願い、ついてきて。」と言い直すシーンは、自分も苦しいけれど妻もとても苦しんでいるということに気付いた瞬間。
今思い出しても涙があふれてしまう・・・・


ムンクがそうであったように、北欧の画家はえてして作風がとても暗く、何か深刻なものを抱えている。
鬱屈しているからこそ、その作品が唯一無二で素晴らしいものになるとも言えるのだ。

心が解放されてからは、作品を描くことが出来なくなったアイナーも、故郷の大自然に解き放たれたラストシーンは、素晴らしいハッピーエンドになったと涙をぬぐいながら思う私だった。


"「リリーのすべて」☆せつなさ100%" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント