「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト

じっとりと汗をかく?とんでもない!!
汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ!


画像
「ザ・ウォーク」 公式サイト

<ストーリー>

幼い頃にサーカスの綱渡りを見てから独学で曲芸を学んだフィリップ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、サーカス小屋のパパ・ルディ(ベン・キングズレー)に才能を見いだされ指導を受けるも、その傲慢さから衝突し再び独学で訓練を続けていた。
或る時ノートルダム寺院の塔にかけたワイヤーを渡って新聞に載り、彼は次なる目標を決めたのが、建設中のNYワールドトレードセンターだった・・・・
(1月23日公開)

画像
サーカス小屋のパパ・ルディはまさに父親がわり

指導してくれるパパ・ルディに対しても傲慢な態度のフィリップ。
怒って追い出したり素っ気なく突き放すパパ・ルディも、実はフィリップを息子のように思っていて、最後にNYへ送り出すシーンでは思わず涙がにじんでしまう。

画像
フィリップのカリスマ性に惹かれた大道芸仲間の女性(シャルロット・ルポン)は挑戦を見届けようと・・・

いかにもフランス人らしい顔立ちのシャルロット。顔ちっさ!
その小ささと違和感のない小顔のジョセフ・ゴードンは、大学でフランス文学を学んだだけあって、見事なフランス語と、フランス訛の英語を話す。

画像
調達できなかった時はどうするつもりだったのか、共犯の仲間も着実に揃え・・・

様々にデコボコなメンバーがフィリップを手伝ってくれる。
屋上で散々手伝わされる高所恐怖症の数学教師や、NYのヤク中の彼は「高い所に登ったらもっとハイになるぅ~~♪」って(爆)
人物描写がちょっと弱かったけれど、フランス人同士の仲間の硬い絆は心温まる。

画像
そんなところで座るなーっ!と思ったのはまだ良い方だった・・・・・(汗)

ただロープを張って綱渡りをするだけの映画でしょう?と甘く見ていたわ・・・・
準備段階からハラハラドキドキ、綱渡りを始めたときは、ああ、やっと渡ってこれで終わるねと思ったくらい。

画像
CGなんだしね・・・・と言い聞かせて見ている自分

さすがロバート・ゼメキスな映像。
3D試写会だったけど、アクションと違うので今回は気を失うことなく、と言うよりも目は血走り、口はあんぐりで喉は渇くし、手汗酷く、息を止めているから息苦しく、身体は固まってがっちがちになる。

画像
待ち構える警官と何故か共感してしまい、はやく渡り切って!!と思ってしまう

CG感は否めないとはいえ、本物のフィリップ・プティから直接指導を受けて、2メートルの高さでロープを渡り切ることが出来るようにまでなったジョセフ・ゴードンの努力に拍手☆
ジャグリングも難なくこなして、頭がいいだけでなく本当に器用な人だと感心してしまったwa

画像
こちらが本物のフィリップ・プティさん
映画では自分から家を出たフィリップだったけど、実際は17歳で親に放り出されたのだそう
幼少の頃から素行不良で、大人を困らせてきたフィリップ・プティは、自活するためにジャグリングや綱渡りを特訓したのだそう。
何でも死ぬ気でやらないとなのね。
画像
何故だかやっぱり本当の写真の方が恐ろしく感じる・・・・・
今は無きワールドトレードセンタービル、彼の技を超える人は永久に現れないというのも感慨深い。

いや~~、ハラハラドキドキしたっ!!
観た後は喉が渇いてビールやサワーが美味しいかも。


あれ?受験生の息子がまさに綱渡り状態なのに、こんなハラハラを体験してどーする私??



"「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント