「クリード チャンプを継ぐ男」☆愛される続けるロッキー

若い時のスタローンはあまり好きじゃなかった。
だけど「ロッキー」だけは別格!!!
シリーズを通しても、最初は弱くて負けて、だけど不屈の精神でトレーニングを積み、負けそうになりながらも最後は勝つ!という、スポ根の王道をただ繰り返すばかりなのに、こんなにも熱く燃える映画は他はない。
いや、いくらでもあるんだけど、こと「ロッキー」だけは特別なのだ。



画像
「クリード チャンプを継ぐ男」 公式サイト

<ストーリー>

生まれる前に死んだ父の事を知らずに育ったアドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)は、かつてロッキーと伝説の試合で死闘を繰り広げた父アポロの存在を知る。
ボクシングへの情熱を捨てられず、ロッキー・バルボア(シルベスタ・スタローン)にトレーナーになってくれるようひたすら頼むのだった。
ボクシングから身を引いていたロッキーだったが、彼の中にアポロの不屈の精神を見出し、ついにアドニスと共に戦いの舞台へと飛び出していく・・・・


画像
アポロの妻(フィリシア・ラシャド)は、アポロの愛人の子(アドニス)を引き取り・・・・

愛人が生んだ子を育てるだけでも大変なのに、小さいころはやんちゃでさぞ苦労したでしょう。
母の慈愛に満ちた包容力に、心が打たれる。
それにしてもアポロがどれだけの大物であったかが判るような大豪邸に住んでる~~!!

画像
はじめは乗り気じゃなかったロッキーも・・・・
二人のジェネレーションギャップも面白い。

それにしても特訓の様子は凄い!本物のボクシング関係の人なのかな??
画像
自分の名が重荷すぎて息子が街を出てしまったロッキー、恐れ多くてアポロの名を名乗ろうとしないアドニス。
この二人が次第に信頼関係を深めて、疑似親子となっていく様は、この年齢になったからこそ成立する話で、そういう意味でも久しぶりのロッキー再熱は納得でもある。

画像
階下に住む歌手で恋人のビアンカ(テッサ・トンプソン)とは上手く行き過ぎっ
苦も無くするするっと恋人になっちゃうなんて~~でも、ここはハリウッドのスポ根ものなのだからしかたないね。

画像
ここからは練習あるのみ、王道のスポ根ものなのに、ブラックミュージックのお蔭でどこか新鮮

音楽がとにかく良い。
気分に合わせて盛り上がっていく様子を絶妙な選曲で助けている。
気持ちに心地よい音楽を聴きながらも、どこかでロッキーのテーマを求めている自分もいたりするけど♪

画像
ラスト例のポーズで決めるかと思わせておいて・・・・・

いやぁ、泣いた泣いた~~!
いつも通りのスポ根でしょう?と思ってスルーするつもりだったこの映画で、こんなに泣かせてもらうとはっ!

若い者には負けないぞっ!的に自身の筋肉で勝負し続けてきたスタローンが、堂々と老いを認めて、弱って病気と闘うよぼよぼさを演じたことが何より素晴らしい。
まさに「勝負に負けて、最後に勝つ」



殴ったり蹴ったりの格闘技が大嫌いで、そういうスポ根が苦手な私が、唯一燃え上がる映画ロッキー。
もっとロッキーのテーマを聞かせて!と思わせる辺りも、完全にロッキーの独り勝ち!
完敗ですっ☆


"「クリード チャンプを継ぐ男」☆愛される続けるロッキー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント