「007 スペクター」☆史上最高セクシー

かつてこんなにセクシーな007があっただろうか?
勿論ボンドガールが美人でセクシーなのは今までも今回もそうなのだけど、007自身がこんなにもセクシーだなんて・・・・


歴代ボンドは長身のイケメン女たらしスパイのイメージが強く、セクシーと言うよりおチャライ印象が先行して、かえってセクシーさを感じなかった。
ところがどっこい!
ただ立っているだけでこんなにもセクシーな俳優って、今までいたかしら?!

画像
「007 スペクター」 公式サイト

<ストーリー>

かつて少年時代を過ごしたスカイフォールで焼け残った写真から、独自に謎を追っていたボンド(ダニエル・グレイク)は、殺害された犯罪者の葬式で、未亡人(モニカ・ベルッチ)から悪の組織スペクターの存在を聞き出す。
組織の集まりに潜入すると、現れた大ボス(クリストフ・ヴァルツ)がボンドの名を呼ぶのだった。
仇敵Mrホワイトの隠れ家でスペクターの秘密を教える代わりに娘を守れと指示されたボンドは、オーストリアで医師をしているマドレーヌ(レア・セドゥ)を訪ねるが・・・・


画像
冒頭の「死神祭り」から、もう片時も目が離せない

もんのすごいエキストラの数と、その頭上を危険運転するヘリ、仮面をつけているのにセクシーでエキサイティングなボンド、いきなりの大爆発に手に汗握るアクションと、思わず口があんぐりなのだ。
まさかの「爆発とアクションはCGとスタントを使わない。」って監督ーっ!エキストラの上にヘリ落ちたらどうすんのーっ!??

画像
ダブルのスーツならコリン・ファース、シングルだったら断然ダニエル・グレイク

たかがスーツ、されどスーツ。
スーツなのにこんなにもセクシーなのは、ダニエルのお尻がぷりケツだからなのか???
脱いでいる時のほうが何故かエロくないのは、スーツがある意味、女性で言うナース服みたいなものなのかも☆

画像
ラスボスがかなりはじめの方に正体を現すけれど・・・・

切ない過去が明らかになる。
その切なさが無かったことになっちゃうくらい酷い砂漠の拷問シーンで、彼は何をしたかったのか謎。
物凄い装置で行われたひーっ!となる拷問は、その後身体にどんな影響を与えたのかしら??

画像
知的で愛らしくてセクシーなレア・セドゥが、過去のセクシーだけの美女と一線を画したボンドガールで好印象

最後の方で突然別れを告げるところのみ違和感あったけれど、最高にステキなボンドガール。
上の写真の列車で登場した瞬間、通路を挟んで隣のおじさんが「おぉう!」と歓喜の声を上げたくらい。
とにかくこのおじさんが、さしてどうでもいいシーンで「フフンっ!」と笑ったり、ぐちゃぐちゃ独り言を言ったり、足で床をトントンしたりと落ち着かないので、集中できない事この上なくて…(涙)

画像
ギネスに載ったという砂漠の大爆発や、雪山、ヘリ、カーチェイスと息つく暇がない

MI6のビル(実際に、ロンドンアイの真正面に見えるビルらしい)の爆破シーンはさすがにCGだけれど、ヘリが橋に墜落するシーンなど、リアルすぎてビックリ。
役者、脚本、映像も全て完璧といっても過言ではないね☆

画像
身長180cmを超えていた歴代のボンドに比べて、やや小柄なダニエル(178cm)はたまにシークレットシューズを履かされるそう

列車での格闘シーンは、相手が巨漢だったせいもあって、到底勝てる気がしないけど、従来の007のように秘密兵器を使ったりせず、頭脳で倒すあたりも現代的なのかな。

スピード感があって後になると細かい所が思い出せないくらい。
これはもう一度観たいわ~~



"「007 スペクター」☆史上最高セクシー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント