「アリスのままで」☆ジュリアン・ムーアは素晴らしい!

今日もお義母さん(86)から電話があった。
銀行の通帳と印鑑を失くしてしまって(2回目)お金をおろすことが出来ないため、金庫に閉まっていたお金を出そうとしたのだけれど、ダイアルをメモした紙を失くしてしまって開けられないのだそう。
つい先日はトイレにパンツを流して詰まらせてしまったお義母さん。
通帳はヘルパーさんが怪しいと言い、トイレは何年も前に田んぼを小学校に貸出していた時、子供にトイレを使わせてあげたときに流されたものだと主張する。



ジュリアン・ムーアは本当に演技上手い。受け入れがたい事実を認めた瞬間の彼女の号泣が涙を誘う。
でも何かが違うのよー
若年性アルツハイマーだとこうなの?優秀な博士だったからそうなの?監督がALSの難病を抱えているからそうしたかったの?


大事なことを忘れている。この手の病は「自分が忘れていることを『忘れる』病気」なのだと。

画像
「アリスのままで」 公式サイト

<ストーリー>

アリス(ジュリアン・ムーア)は最近道に迷ったり物忘れがひどく、病院で若年性アルツハイマーであると告げられる。
医者の夫(アレック・ボールドウィン)や聡明な長女のアナ(ケイト・ボスワース)、医学生の長男(ハンター・パリッシュ)もそんな母に優しく寄り添っていた。
唯一心配の種だった次女のリディア(クリスティン・スチュワート)とは衝突が絶えないが、次第に子供の顔や自分の名前さえも忘れ・・・・


画像
優秀で美男美女の一家は非の打ちどころもない、しかも家族思いの優しい子ばかり
役者志望のリディアだけが唯一心配だなんて、なんて贅沢な・・・・・
いかに輝かしいキャリアを大切に誇りに思ってきたかが、物語の端々に現れる。

画像
家族性アルツハイマー病は100%遺伝するとして、自らも陽性の診断が下っても果敢に双子を出産する決意をする長女が逞しい

何かと妹と喧嘩になる姉のアナは、価値観が母と同じ。
アルツハイマーである母への対応で、ひょっとした拍子にアリスの自尊心を傷つけていると気付かない事が、日ごろ優秀な家族から距離を置いて生活する妹リディアには痛いほど判るのだ。

画像
教師の座を追われても、アルツハイマーについて講演する機会を得る。無事に終えたアリスに拍手の嵐

思わず一緒に拍手しそうになった見事なスピーチ。
リディアのアドバイスも取り入れて理解しやすい言葉で綴られた文章を、マーカーを引きながら必死で話す姿を誇らしく見守る家族。

アリスがアリスであった最後の瞬間ともいえる。
実際、これがあったことでアリスは尊厳を失わずに、様々な能力が失われていく恐怖とも向き合うことが出来るようになっていくのだ。

画像
クリスティン・スチュワートがなかなか素敵☆

相変わらず不愛想だけど、コンプレックスをばねに独自の道を歩もうとしている次女の役にピッタリ♪
ヴァンパイアから解放されて、何やら顔の色もいいかんじ?

画像
「私が私でいられるあいだに、長期で休みを取って旅行しましょう」という約束は・・・・・?

メイドを雇って資金が不足したのか、休みを取ってアリスに付いててあげている時間が多くて旅行まで手が回らなかったのか、約束が果たされたかどうかは描かれない。

色々と失われても最後に残ったのは、アリスの本来の「愛」だけ・・・・・と、美しく締めくくったけれど、なんだか綺麗に終わり過ぎ。
ジュリアン・ムーアがアカデミー賞を受賞しただけのことはある演技で圧巻なのは間違いないけれど、アリス目線でぐぐっと観客に追体験させる前半から、打って変わって感情を失っていくアリスを見つめる介護者の目線になった後半では、物語が薄くなってしまう。

画像
痴呆が進んで初めて母娘は打ち解ける

淡々と穏やかに接する夫の最後の涙は胸を打つが、所詮アリスがアリスでいられる間の尊厳がちゃんと守られた話であって、介護者の感情はあまり掘り下げられない。

アリスは常に手首に「アルツハイマーである」というプレートのついたブレスレットをして自らの病を認識しようと努力しているけれど、「忘れることを忘れる」ようになってきたら、もっと大変な症状が起きているはずなのだ。




GWに私がお世話したことも、パパンが先週帰省したことも忘れているのに、「松山へ帰る飛行機代を貯める為に旅行にも行かずに頑張ってるけど毎週のようには帰れないのです。」と話すと、「春に岩手に旅行したじゃろ?」と言われてしまう。
『そこは覚えてるんかーいっ!?』という感情を抑えて、私が私のままでいられるのはいつまでなのか?
そのあたりが抜け落ちて綺麗に締めくくったこの映画に、やや消化不良な気持ちが拭えないのであった。


"「アリスのままで」☆ジュリアン・ムーアは素晴らしい!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント