「博士と彼女のセオリー」☆それでもビーンズ

かなり勇気のいったことでしょう。
まだご存命の方の人生を映画にすること。
しっかり、媚びずにしかも素敵に描かれていたのは、何より彼らの人生がいつも真剣そのものだったから。



画像
「博士と彼女のセオリー」 公式サイト
宇宙空間のような横向きのポスターがまたいい♪

<ストーリー>

ケンブリッジで有望な生徒だったホーキング(エディ・レッドメイン)は、魅力的な女性ジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い恋に落ちるが、難病ALSを発症し、余命2年と宣告される。
聡明なジェーンは覚悟を決め、二人は結婚、子供にも恵まれ、さらに宇宙の理論で世界的に有名になる。
しかし病状が悪化、ジェーン一人では家庭を支えることが出来ず、壁にぶつかっていたころ・・・・


画像
パーティーで一目ぼれして急接近♪恋愛の部分はあっさりと描かれている

わりとサクサクっと恋は進展し、胸キュン恋愛部分は、素敵な舞踏会シーンのみ。
IQの高い人達のお話ならではが実に良いのだけれど、人生の一大決心、しかも人並み以上の決意をするにしては、ややあっさりとしすぎるような・・・・

先日観た「イミテーション・ゲーム エニグマと天才就学者の秘密」でも天才的な学者の話だったけど、彼と違ってホーキング博士はノーマルに恋に落ち結婚し子供を作る。

画像
既に筋肉が動かなくなる症状が出始めているが、周囲の反対を押し切り結婚し・・・・

あと2年・・・・という期限があったからとも言えるし、彼女が敬虔なクリスチャンであったことも少なからず影響していたと思う。
勿論、深い愛と絆があったこそだとは思うけど、そこはあえて強調して描かれなかったところに、より真実味を感じるwa

画像
難病で筋肉は動かなくても子供はできる

親友から「あっちのほうは大丈夫なのか?」と質問される。
誰もが聞きたくても聞けないデリケートゾーン。よくぞ聞いてくれました☆
脳からの指令が筋肉に届かなくなる病気でもしっかり機能しているって、んー?筋肉じゃないから?

それにしても、子育てだけでも大変なのに、働いて家事して自らの研究もして、そして介護して・・・・へこたれるどころか、ちっとも苦労じゃなさそうにしている妻、素晴らしすぎるっ!!
画像
論文が認められ、表彰されて友から祝福されても、自分は料理もまともに食べれない・・・・
時に食事をのどに詰まらせ、妻がバシバシっと背中を叩いて吐き出させる。

・・・・・・・って、健常者でもコロコロ転がって食べ難いビーンズをいつまで食べさせるのぉー??せめてマッシュしてあげて!!!
そりゃね、イギリスの春のグリンピースは驚くほど甘くて柔らかいし美味しいけどーぉ

日本ならとっくにお粥とかうどんとか食べさせてあげるところを、ビーンズにお肉ってどうなの??
しかし、この一見荒っぽい『介護』が、彼の生きる意欲を掻き立ててくれていたとも言える。

画像
とにかく徐々に衰えていく演技が見事

ただのイケメンだけじゃない、一気にオスカー俳優の座を獲得できたのも納得の演技。
次第に筋力が衰えていく様子も、動かない顔の表情の中に苦悩と寂しさと希望を見事に表現していて秀逸。
モデルさんもやっていたから、痩せるのはお手の物かもしれないけれど、今回は相当な痩せっぷりだし。

最近大活躍のイギリス映画とイギリス人俳優たち。常にジャケットを格好よく着こなすところは、成熟した雰囲気がまさに英国紳士で素敵!!
画像
まだどちらもご存命なのに、妻との別離も描かなくてはいけなかったのは、さぞ繊細な作業だったことでしょう
デリケートな心の機微をどう表現するか?

次第に険しい表情ばかりになっていく妻と、心を通わせる男性が目の前で楽しそうにしているのを見るのは、どんなに辛かったか。
しかしその妻も、新しい美人の介護士と夫の楽しげな様子を見て寂しげな表情を見せる。


決して心が離れたわけではないけれど、信仰と理論は両立し得ないのだから、致し方なかったとも言える。
共に新しいパートナーを見つけて、更に良い関係を築いたことを、自然な形で映画に出来たのは、ホーキング博士が難病でありながら長生きできたのと同じくらい奇跡なのかもしれない。



"「博士と彼女のセオリー」☆それでもビーンズ" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント