「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」☆リアルゲーム

飄々とした表情の演技の多いカンバーバッチ。
この飄々とした中に、これだけの違いを出せる俳優が他にいるかしら?


画像
「イミテーション・ゲーム」 公式サイト

<ストーリー>

第二次大戦が始まり、ドイツ軍が誇る無敵の暗号エニグマに対抗すべく、天才数学者のアラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は英国政府の機密作戦に参加する。
チェスのチャンピオンや言語学者など各地から集められたチームと協力しようとせず、一人謎のマシンを作り始めるアランは仲間と打ち解けずにいたが、クロスワードの天才ジョーン(キーラ・ナイトレイ)の助けによって共同作業はついに実を結び、エニグマ解読に成功するのだが・・・・・


画像
男の職場でも自由に活動したいジョーンだが、様々な制約に阻まれ・・・・

両親は軍で働こうとする娘に難色を示すが、アランの機転で上手く事が運ぶ。
「言葉の綾」をこんな絶妙なタイミングで察知できるなら、もっと周囲の人たちとも上手くコミュニケーションが取れるでしょうに~~~
彼にとっては目的を伴わないシーンではコミュ力は発揮しないのかな?それとも、これがクロスワードパズル力なのかな?とっても興味深いシーンだった。

画像
一人奇妙なマシン作りに大金を費やすアランは、ついにスパイ容疑までかけられ・・・・

MI6のミンギス(マーク・ストロング)の依頼で仕事をしているのに、ちょいちょい横槍を入れていくるデニストン中佐(チャールズ・ダンス)
確かに巨額を費やしても結果が出ないことには、致し方ないけれど・・・・・

それにしても何年もかかっても解読できない暗号を作り出す当時のドイツ、武器や戦車も先進的だったことを考えると、ヒトラーさえ現れなかったら、世界一の先進国になっていたjことでしょうにと思わずにいられない。

画像
ついに暗号は解読されるが・・・・・

暗号を解読したことをドイツ軍に悟られないようにするために、秘密裏に命の選択が行われていたとは、なんとも筆舌に尽くしがたい。
まさにこれはイミテーション・ゲーム。
つまり最終目的の戦争終結に向けて、国家を操り人間を駒に使った本当のリアルゲームなのだ。

ところでここに登場する、↑アランが打ち込んでいる暗号解読用のタイプライターの実物を見ていたよー!(クリックで写真大きくなります)
画像
これはイギリスの戦争博物館に行った時に、MI6のコーナーで私が撮影したもの。→「ロンドン博物館めぐり☆帝国戦争博物館 MI6も♪」
まさにドイツ軍の暗号を解読するためのタイプライターと説明が。
当時の携帯電話や万年筆がカメラになっているものとか、マイクロフィルムを仕込んだブラシとか・・・まさに007の世界!!
映画に登場する小道具たちが、全て現実だったのだと思うと、なんとも感慨深い☆

画像
戦争終結とともに、全ては灰に・・・・

これらの偉業が全て灰になり、各人とも出会ったことすら無かったことにされたけれど、自分たちの陰の力で戦争を終結させることが出来た事が何よりも結果として残ったわけで。

画像
愛するものと共に・・・・

とても26歳を演じるには無理のあったカンバーバッチだけど、ラストあたりは実年齢に近い。

最終的には不幸な結末を迎えるけれども、クリストファーと名付けたマシンは、現在のコンピューターの原型となったことを考えると、アランとクリストファーは1つになって今も進化し続けているわけで、決して不幸な結末とは言えないのではないだろうか。




"「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」☆リアルゲーム" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント