「トランスフォーマー ロストエイジ」プレミア☆超絶迫力の3D!

これはすごい!
1分の隙間もないくらいの、全編3D。それもとんでもなく!
かつて何度見直しても起きて見れたためしのないトランスフォーマーで、既にこれが4作目で、しかもお父さんがマーク・ウォールバーグになったのは今回からだとも気付かず、オートボットたちの名前もよく把握できてない3D苦手な私が、これだけ楽しめたってことを知ったら、マイケル・ベイ監督もさぞお喜びになることでしょう(爆)


画像
「トランスフォーマー ロストエイジ」(8月8日公開)

1度も寝ないで最後まで堪能できた私。
かわりにママ友が前半半分寝ていたようだけど・・・・
画像
撮影OKな舞台挨拶。そりゃそうだ!何のために試写会にタレント呼ぶんだか・・・・
試写会の始まりが20時55分からと、かなり時間をもて余したのでTOHOシネマズ日本橋の界隈を夕涼みしながらぶらぶらと。
あれ?お祭りやっているのかなー?なんて近寄っていくと、レッドカーペットだった!・・・・・・だよねー
画像画像














そのせいで時間も押して、さらに開始が15分以上遅れることに。
娘役の19歳ニコラ・ベルツの足の細さったら!彼氏役のジャック・レイナーと二人ともお疲れなのか、待たされすぎたのにマーク・ウォールバーグ来ないの??的な我々の反応がイマイチすぎたのか、一言ずつ挨拶してとっとと帰っちゃった。むむむ・・・・
画像画像














とはいえお隣の席と最前列の6人ほどの女性たちは、ジャック・レイナーのかなりのファンらしく、映画も観ないで二人の後を追いかけていったyo

<ストーリー>

政府の取り締まりが強化され、やむなく車の姿で身を隠していたトランスフォーマーたち。
ある日、娘と暮らす発明家のケイド(マーク・ウォールバーグ)が買ってきたボロトラックが、実はオプティマスだったと知る。

政府の秘密機関に居所を知られたケイドたちを助けたオプティマスは、次第に彼らと友情を育み、人類を新たな敵から救うことを決意するのだが・・・・


画像
実際に道路に爆薬を仕掛けて役者を走らせるドS監督マイケル・ベイは、実写の迫力と、全く違和感のないCGとの合体、更にもんんんんんのすごい3Dの3つを完全に融合させて、映像は見事としか言いようが無い。

私が上手に3D鑑賞できるようになったのか、それでも寝なかったのは、映像の迫力が見事すぎたから?~♪

画像
男性陣ならヨダレが垂れる、超クールな車、ロボット、鋼鉄の恐竜、それに瞬時に変身する様のカッコいい事!!

これは堪らないでしょうねぇ~

画像
女性にとっても唯一の楽しみ、娘テッサの彼氏役のジャック・レイナーは、見た目はガッツリ活躍しそうなイケメンマッチョで、超絶テクニックのレーサーなのに、なんともヘタレで活躍の場は無し。
このギャップは・・・・あまりいらないかな?

画像
その分、娘を守るために体を張るパパの腕の太さがハンパない

「ted」の時はどうだったっけ?と思う筋肉、いったいどうやってトランスフォームしたんだか?
綱渡りのところを除いて、違和感のない活躍が好感持てる。

途中、逃亡中に衣類やプロティンを「必要なものだけ盗む」というシーンがあるけど、子供も見る映画なんだけら、それだけはやめてほしかったな。

画像
政府の怪しげな機関で、軍事用トランスフォーマーを秘密裏に研究する科学者ジョシュア(スタンリー・トゥッチ)は、敵なのか味方なのか・・・・??

捨て駒と思っていた人物スー(リー・ビンビン)が、中国サイドへのサービスなのか、意外にラストで健闘する(笑)
その分、香港の街は今回めちゃめちゃに崩壊するけれど・・・・


画像
暴れまくるダイナボットは、助けに来てるのか街を壊しているのか???

いつの間にかダイナボットを味方につけてたけど・・・・
恐竜が絶滅した訳も解明される的なうたい文句だったけど、どう解明されたんだっけ?・・・・・・あらら、やっぱり私寝てたのかな?何しろ2時間45分あるからねぇ。

チラシには『誰が味方で誰が敵かもわからない衝撃のストーリー展開』と書いてあるから、私の観方は正しい?

画像
カッコイイ車がカッコイイロボットに変身してカッコイイ恐竜ロボと一緒に、ダーンってなってカーチェイスしてドドド・・・となってドっカーンと爆発して、最後は勝つ!


家に帰る頃にはストーリーを忘れているけど、そんなこといいの♪
とにかくこの映画は劇場で体験しないと意味が無いっ!!
字幕が飛び出すぎていること以外はとにかく素晴らしい映像の嵐。目にごみが入る、色々なものが飛び出してどんどん刺さる!劇場で堪能するべし☆

よろい兜型ロボットのドリフトの声を英語で渡辺謙がやっているのも注目(気付かなかったわー)


"「トランスフォーマー ロストエイジ」プレミア☆超絶迫力の3D!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント