「チョコレートドーナツ」☆裁判は誰のため?

実話から生まれた物語。
ラストのシーンは、私の胸の奥深くを素手でぎゅーっと掴まれたような衝撃で、この胸の痛さは多分一生忘れないだろう。



画像
「チョコレートドーナツ」公式サイト4月19日公開

<ストーリー>

1979年、ゲイパブで日銭を稼ぐルディ(アラン・カミング)は、ゲイを隠して生きる弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)と恋に落ちる。
アパートの隣に住むマルコの母が麻薬所持で逮捕されてから、施設に連れて行かれたマルコ(アイザック・レイヴァ)を引き取って面倒を見ることを決意し、3人で幸せな生活を送っていたのだが・・・・



画像
一目ですぐに惹かれあった二人、どうみてもポールが年下に見えるけど実年齢は二人ともアラフィフ
確かにお化粧するとルディは美しいけど、普段はひげもわき毛も腕毛さえボーボーな上に髪の毛もぼさぼさで、それでアリってところが、私の中では理解は難しいけど・・・・・逆にリアル

ゲイパブのショーガール(ボーイ)が三者三様で面白い。
バリッバリのメイクのいかにもオカマちゃんと、結構マッチョな黒人、そしてルディ。

うーむ、ゲイの世界は奥が深いな・・・・・

画像
ダウン症のマルコが好きなものは、金髪のお人形アリュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのお話、そしてチョコレートドーナツ

麻薬依存症の母が男を連れ込むたびに、家の外に出されてしまうマルコ。
彼を保護して面倒を見るうちに、ルディとポールのゲイカップルは、マルコをかけがえの無い家族として愛していくようになる。

純真無垢なマルコのような少年(このとき14歳)だからこそ、本当に自分を愛してくれる人しか信頼しないわけで、いかにこの二人と心で結びついていたかが、幸せいっぱいの表情でよく判る。

マルコを演じるアイザックは実際にダウン症だけど、職業俳優を目指しているということで、その表情は演技を超えてこちらに訴える力強さがあった。


画像
家庭局によりマルコを引き離されてしまい・・・・

どんなに親身に尽くしても、法律はゲイカップルが子供を養育することを許さず。
偏見によって法ですら捻じ曲げられた解釈をされてしまう苦悩は、映画「フィラデルフィア」でも描かれていたけど、自らも弁護士のポールでも頼るのはやっぱり黒人弁護士というのが大変興味深い。

画像
審理を尽くすが・・・・
感情を高ぶらせないようにとルディに言い聞かせていたポールでさえ、感情のままをぶつけてしまうほど不条理な裁判を見ていると、いったい裁判とは誰の為に行われるものなのか疑問を持たずにはいられない。


画像
胸をゆさぶる魂の歌声が見事

結構映画の最初のほうから泣いていた人がいて、鑑賞中はかなり気になったけど、次劇場で観たら、悪いけど私も最初から泣くよ。
そしてルディが熱唱するこのボブディランの歌も、次から聴いた途端泣くわ私。



細かいところを端折って簡潔にした97分と言う長さが、この映画の余韻を一生残す素晴らしさを手伝ってくれている。
思い出すたび、胸がぎゅーとなる。そのぎゅーがどんどん強くなっていく映画。




鑑賞後にリリコさんのトークショーが。
スウェーデンで同じアパートメントにいた家族の母親が麻薬依存で、よくその家の子供を保護していたなど、興味深いお話が聞けたyo
最後まで仕切ってMCいらずなリリコさんに大爆笑で、映画の余韻は家に帰ってからとなった。

"「チョコレートドーナツ」☆裁判は誰のため?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント