「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム

追われて隠れて逃げて戦って助けられ、また追われて逃げて戦って・・・・
ラスボスを倒すまでは続く、あちこちを旅してアイテムと仲間を集めて戦って、まさにロールプレイングゲーム。
ああ、私にはロマンもロマンスも無いんだった・・・・
(かなりDisってます。ロードオブザリングシリーズのファンの方はここまでで)



でも朗報!試写会が2Dだったからか暗いところで大勢で戦うシーンがなかったからか、このシリーズで初めて最後まで寝なかったyo!!



画像
「ホビット 竜に奪われた王国」公式サイト(2月28日公開)

<ストーリー>

臆病なホビット族の青年ビルボ(マーティン・フリーマン)は、トーリン( リチャード・アーミティッジ)率いる13人のドワーフたちとともにかつての王国エレボールを取り戻すために旅を続けていた。
醜いオークに執拗に追われ、エルフの谷では牢獄へ入れられながらも、ついにたどり着いた人間の町で、バルド( ルーク・エヴァンス)の家にかくまわれるのだが・・・・


1作目はさすがにトキメイタけど、あとはシリーズを惰性で見て、結局最終話をパスしたままの(笑)トワイライトシリーズ。
同様にシリーズ全作見ているのに、毎度どこかで寝てしまったり、登場人物の名前がややこしくていまだに覚えられず話が把握できてないロードオブザリングシリーズ。
復習するには前3部作&「ホビット おもいがけない冒険」と多すぎ!しかもこの作品も2時間45分あったし!

画像
いきなりピーンチ!巨大蜘蛛に襲われるけど、めきめきと勇敢になるビルボのお手柄で・・・

何しろ蜘蛛が嫌いなので、んもう~~(汗)
それにしても森に巨大な蜘蛛がいて襲われるとか、まんまハリーポッターだね。
魔法使いの白いひげとか醜いトロールなど、あれ?これってイギリス映画だった?と思ったらハリウッドものだった。
基本「指輪物語」の方が先なんだけど、ビジュアル的に被りすぎ~~

画像
トーリン率いるドワーフ族は並ぶと判らないけど、小人族のホビット同様実は背が小さい

このメンバーだけ見ていると、背が小さいことを忘れてしまうけど、実は小人さんという設定。
改めて説明する必要全くないけど、改めてそうだったーと思った私(苦笑)

小人たちの名前ははなから覚える気がなくても、今回は前作と違ってややイケメンの活躍が見られるのがウレシイ☆


画像
相変わらず敵は醜い
なぜだか執拗にドワーフを追いかけて襲ってくる醜いオークたち。
どうしてだか理解してないために、何となく物語りに入り込めない。
彼らは何を守ろうとしているのか?黄金を独り占めにしている竜の手下なの?金も貰ってないのに?誰か教えてー!


画像
エルフの牢獄から逃げ出して~~~~ところで何で牢獄に入れられちゃったの?

樽の船で激流を下るシーンはなかなかの見もの☆
ディズニーランドのアトラクションみたいねー
ハリーポッターランドが出来たのだから、そのうちロードオブザリングランドも出来るのかしら??


画像
満を持して登場、ロードオブザリングでお馴染みのエルフのレゴラス(オーランド・ブルーム)

その割りに片想いの彼女の「想い人」を助ける手伝いをしたりして、心なしか背中が寂しい。
いいかんじ(?)に離婚の寂しさを漂わせてる?
台詞も少ないし、あまりいいところ無しでちょっと可哀想。


画像
ひとりせっせと先回りして頑張る灰色のガンダルフ(イアン・マッケラン)は、一人でオークと戦ったりしているけど、何のため?

ビルボを手助けしてるってこと?
はなれ山に魔法の結界が張られているとしても、一緒に旅をしても別にいいんじゃ?と思ったり。

基本、ロールプレイングゲームに興味を持てない私。
旅して戦って旅して戦って・・・・・とただ同じ事を繰り返す作業に価値を見出せないのだから、あちこちで危機的状況を無理やり作り出して、戦って勝ってああ良かったねーを楽しめないのは仕方ないのかな。

それでも前作の「ホビット おもいがけない冒険」をいいなーと思ったのは、ひとえに主人公ビルボの成長が見られたから。
今回もひとりで大活躍☆


画像
シリーズ始まって以来の「人間」が登場

監督のイケメンの定義が同じなのか、髪型が似ているからなのか、人間バルドといい、ドワーフのボス トーリンといい、毒矢にやられるドワーフの若者イケメンくんといい、なんとなくそっくりで見分けがつけらないっ
イケメン慣れしてないのかなー私?


画像
ついに王国へたどり着くと・・・・

王国での戦いはさすがにハラハラ♪

でも思えば自分の国でもないのに苦難の旅を共にし、ほとんどたった一人に責任を負わされた上に泥棒よばわりされるビルボが可哀想~

ちなみに黄金に埋もれる巨大な竜スマウグの声はベネディクト・カンバーバッチ。
対するビルボ役のマーティン・フリーマンは、彼と競演している人気テレビドラマ「シャーロックホームズ」でワトソン医師をしているんだった☆
あまりに違うので、観ている時は気付かなかったくらい。



苦労したラストの反撃もまるっきり無駄になったけど、ファンタジー好きの人ならかなり楽しめる~~~好きで無い人も十分に☆

"「ホビット 竜に奪われた王国」☆エンドレスロードプレイングゲーム" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント