「42~世界を変えた男」これぞフェアプレイ

野球は特に興味ないけど、ブラピの野球の映画も半分寝ちゃったけど、この映画は観たかった!
私にしては、ファーストディだったこともあって珍しく初日に鑑賞。
そう!こういう映画が好き~☆


平日だというのに、会場は満席。
そのほぼ8割がやっぱり男性だったー

画像
「42~世界を変えた男」公式サイト


<ストーリー>

1947年、アフリカ系アメリカ人のジャッキー・ロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)は、球団のゼネラル・マネジャーのブランチ・リッキー(ハリソン・フォード)に見込まれ、メジャーリーグのひとつドジャーズと契約する。
トイレ・レストラン・列車と全ての場所で人種差別が横行する時代、ジャッキーは様々な罵倒を浴び、行く先々で差別を受け、さらにはチームメイトからも敬遠されるが、リッキーの言葉に支えられ、己との戦いで辛抱強く自制心を働かせ、ついにはチームで好成績をあげていき・・・・



画像
身体能力の優れたジャッキーは大学でも4種のスポーツで優秀な選手だった

今では陸上種目でも多くのスポーツで金メダルを総なめしているのは、黒人ばかりだったり。
何しろ大統領からしてオバマさんだし。

有色人種は劣っていると考えられていた時代・・・・・とはいっても今でも『差別』はどこにでも存在するからね。
ねえねも1回目のノルウェーの幼稚園で、よくからかわれたり砂をかけられたりとか、いじめられていたなぁー

日本でも人種差別はなくとも、小さな違いで『差別』化して、いじめをする。
それが人間の『性』なのだとしたら、哀しい事だわ。


画像
物珍しくて新聞記者に質問攻め
早速、辛らつな質問を浴びせられるジャッキー。
差別が色濃く残る時代に、普通の生活すら危ういことが予測できる。

いじめや差別といっても、身の危険を感じるほどって、本当に当時の生活は大変だったのねー



画像
ジェネラルマネジャーの力強いサポートが無ければ、ジャッキーもここまで耐えられなかった

陰になり日向になりと、見込んだジャッキーを支えてきたマネジャーも素晴らしい。
彼のところにも脅迫の手紙が山のように届いていたと解った時は、ぐっときたわ。

それにしても愛するハリソン・フォードも、もうすっかりおじいちゃんだなー


画像
一番の支えは妻

安心して暮らせる黒人のコミュニティーから離れて、自らも危険にさらされながらも夫を支える妻レイチェル(ニコール・ベハーリー)も素晴らしい☆
黒人をバイキン呼ばわりしている時代でも、ベビーシッターに白人を頼めるっていう、その辺が純粋な日本人には理解出来ない領域だわ。



画像
最高にムカツク敵のチームの監督の罵声

自分が言われてなくても、めちゃめちゃ気分が悪くなる野次を超えた罵声。
しかしこれをきっかけに、次第にチームメイトも気持ちが変わっていく。

当時の髪の毛を撫で付けた髪型と、皆同じユニフォームで、誰が誰だったか見分け付かなくなっちゃった自分が悲しい・・・・(笑)


画像
話の展開も大体想像つくし、結末も判っているけどとにかく涙!

泣いたり、ニコニコしたり、また泣いたり、またニコニコしたり、そして泣いたり泣いたり泣いたり。

「やり返さない勇気」
倍返ししないことが、後に何倍にもなって返っていく。



永久欠番となった彼の背番号「42」を全ての選手が着る日を設けることで、正しい勇気を持つ、これこぞが本当のフェアプレイなんだと皆が思い出していくのは良い事だわ☆
日本でもそんな日があったら、世の中偽装もまやかしの絵画入選も無い、本当のフェアプレイを思い出せるのにね。







ジャッキー・ロビンソン—人種差別をのりこえたメジャーリーガー
汐文社
近藤 隆夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャッキー・ロビンソン—人種差別をのりこえたメジャーリーガー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

"「42~世界を変えた男」これぞフェアプレイ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント