台湾旅行☆九フン☆映画ゆかりの地をたずねて

待ちに待った九フンツアー。
台湾映画「非情城市」やジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台やモデルとなった情緒ある街並みを体感するオプショナルツアーは、台湾料理の夕食付きで帰りに士林夜市で解散で3000円。
今回はコレが一番の楽しみだったの~♪



画像


やたらと免税店や土産物屋に連れて行かれる、台北市内観光が3時頃終わり、そのままオプショナルツアーへ。
バスは一路九フンに向けてくねくね山の道を40分行く。



画像
手前の看板に「非情城市」と書いてある(クリックで大きくなるyo)

台湾旅行の前に見たトニー・レオン主演の台湾映画「非情城市」。
耳も口も不自由な青年の役で、一言も喋らないから主役とは気付かなかったけど、(笑)
ここの御茶屋さんが舞台となっていて、劇中では開店パーティーなどをするシーンもあったっけ。

写真で確認するまでこの看板のことに気付かなかったから、ここでスイーツを食べたかったんだけど、たった40分の自由時間のあとに夕食付きだから・・・・・と我慢(涙)


画像「非情城市」の1シーン
時々登場する九フンの坂道。
大戦後の台湾・九フンが舞台で、お茶屋や、怪しげなバーなどが軒を連ねるシーンで登場。
過疎化が激しかった九フンが、これで一気に観光地として有名になったらしい。
画像
このあたりから見た景色が、丁度いっしょじゃない???


画像
指定された集合場所から遠く行き過ぎない程度に散策をすると、あまり目ぼしい土産物屋もなかったので、海に沈む夕陽をながめて過ごす
辿り着けなくなるのでは?と思うほどの迷路のような小路にネコちゃんが沢山いた。


画像
画像
とっぷりと日が暮れ始め、赤い提灯に灯がともり始めると、ますます風情のある景色に・・・

昼間のディンタイフォンでまだお腹がいっぱいだけど、オプショナルには夕食が付いているよー
地元台湾料理のお店、「九戸茶屋」にて。
画像

画像画像
画像画像
画像画像








































冷製前菜・芋など蒸し物・生き海老の石焼(木のBOXでモクモクと煙を上げているもの)・野菜炒め・厚揚げのあんかけ・スープ・角煮・西瓜・さつまいも団子など・・・・
正直言って美味しかったのは、前菜と野菜炒めとスイーツだけだった。
これならこのあと連れて行かれる士林夜市にお腹をとっておくべきだったわ。


画像
さて、こんなに満腹で果たして士林夜市で楽しめるのかしら・・・・?と不安を残しつつ、再び40分バスに揺られて台北へ。
「千と千尋~」ではパパとママがブタになるけど、あの映画の意味がやっと判った私たち。(滝汗)
ま、ブタになる覚悟で来たんだし(爆)、今のうちに休息を取っておきましょう☆


台湾旅行☆ハプニングの旅
台湾旅行☆雙城街夜市の屋台食べ歩き
台湾旅行☆台北市内観光と小籠包
台湾旅行☆士林夜市の包丁マッサージ
台湾旅行☆最終日は年貢の納め時

"台湾旅行☆九フン☆映画ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント