「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」☆エンストしてる

学生時代過ごしたススキノが舞台の映画「探偵はBARにいる」の1作目を大いに気に入ったパパン。
楽しみにしていただけに、1作目の勢いをあまり感じられなくて、なんともポンコツ車がエンストしたような・・・



ススキノでやたらピストルをぶっ放すとか~~~札幌の繁華街のリアリティとノスタルジーが良かったのに、有り得ない作り話に成り下がっちゃうよ。


画像
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」公式サイト


<ストーリー>

仲良しのオカマまさこちゃん(ゴリ)が、マジックショーの全国大会で優勝した2日後に殺された。
一向に進まない警察の捜査に業を煮やして、探偵(大泉洋)は相棒の高田(松田龍平)と捜査に乗り出すのだが、仲間だったはずのオカマバーの連中も手のひらを返したように冷たかった。

そこへ突然人気ヴァイオリニストの河島弓子(尾野真千子)がやってきて、自分の熱烈なファンだったまさこちゃんの捜査を自力ですると言い出し、事件をかき回したおかげで、3人はあちこちで危険な目に遭うことになり・・・・




画像
殺されるオカマのまさえちゃん役のゴリさんは、さほどオカマらしさは無いのだけど、なぜか身を引く謙虚なオカマが似合って見える

オカマバーのママ、フローラ役の篠井英介があまりに上手すぎて、ゴリさんはともかく、他の方のオカマさんまでも、らしさが薄れて見えるくらい。
ま、アクの強いオカマだらけなのも、嫌だけど~~(笑)



画像
まさこちゃんが殺されたばかりというのに、女とイチャイチャしていた探偵は・・・・

イチャイチャのところ、別に必要あった?
確か1作目のインタビューのときに、「次はラブシーンを・・・」と言っていたような・・・・・・
てことは、この特にいらない濃厚ラブシーンは、大泉洋のご希望で??


探偵を付回していた謎の女性に尾野真千子。


画像
今回は乱闘シーンばかり、バットで殴ったら死んじゃうでしょうよ!

結果的には慈善でやっていたとはいえ、一般市民がやることではないでしょう?
チンチン電車での、ヤクザなみの怪しい集団との逃走劇は面白かったけど、木製バットで殴ったらこの前の六本木襲撃事件じゃないけど、死んじゃうんだから気安く劇中に使わないでほしいな。
ここまでしなくても大丈夫だったはず。


探偵はスーパーヒーローじゃないんだし、大勢で襲撃されたら、いくらなんでも負けちゃうよー


画像
ちょこちょこと挟んでくるボケが面白い

ときどきカッコよくなる大泉洋と、本当はカッコイイのにその気配を消して、ボーっとした役に徹している松田龍平のバランスは今回も絶妙でイイ!

それにしても、ラストはいつの間にか髪をカットしていた大泉 洋。
変にカットすると、まるっきりパンチ風になっちゃうんだね・・・・かわいそうに(爆)


画像
得意の関西弁で、さまざまに豹変するところは、尾野真千子の得意とする演技

過去作品でも、ちょっとイッちゃっている自由人の役が多い尾野真千子。
今回も、上品なヴァイオリニストの顔、ナポリタンをすすりあげる大阪のガラッパチな娘と・・・・さまざまに変貌する。

あまりいいところ無しだった「ススキの大交差点」も、尾野真千子のラストの演技で、思わずハラハラと涙。
後味がしっかり良くなったwa

シリーズで観るならそろそろテレビドラマがいいのかも。
勿論、このキャスティングでね。



"「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」☆エンストしてる" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント