「聖☆おにいさん」ゆる”ネ申 ”降臨!!

私のお気に入り漫画「聖(せいんと)おにいさん」が映画になった!
これはなんとしても観なくちゃ~~
イエスの声を森山未来、ブッダの声を星野源と二人が登壇する試写会に行って来た。



漫画をあまりに好きすぎて、やや期待しすぎたかな。
二人の聖人のゆるほのぼの立川ライフは、普通の人のおにいさん二人のほのぼのライフと言えなくも・・・・


画像
「聖☆おにいさん」公式サイト(5月10日公開)

<ストーリー>
ダジャレ好きで浪費家のイエスと、Tシャツ作りが趣味のブッダは無事に世紀末を超えて、今は二人で下界の立川の木造アパートの1室でバカンスを楽しんでいた。
日々の穏やかな生活のなかで、お互いを思いやる気持ち、ご近所付き合いや日本の四季を楽しんでいるが、ついつい神パワーで奇跡を起こしてしまったり・・・・・



画像
ブッダは真面目で倹約家、頭の上のおだんごを解くと実は物凄く長い髪の毛になる

常にマイペースなイエスをサポートしてくれるお兄さん的存在で、仏顔で人々を笑顔にする。さすがブッダ・・・
絶叫マシーンを苦行と勘違いして、思わずお経を唱えてしまうとか、爆笑ネタ満載☆

シルクスクリーンで制作するTシャツは、仏教用語やキリスト教関係に詳しい物知りな人ほど笑える「一言」が印刷されていて、原作者はよく勉強しているなぁーと常に感心させられちゃう。
ちなみにイエスは「ヨシュア」、ブッダは「シッタールダ」と書かれたTシャツとかを着てる。


画像
このシーンは実は映画には出てこないけど、天界での荷造りはこんなかんじ?

とにかくこの二人がほのぼのしていていいのだ☆
ただしある意味二人のほのぼのライフは、二人が『聖人』でなくとも成り立ってしまうほど、やや立川市民との交流に時間を割きすぎていて、『神』ならではの面白さが漫画ほどは出てないのが残念。
こんなことなら、普通の青年たちでもいいのでは?


画像
何でもすぐ買いたがる新しいもの好きなイエスは、JKから「マジ、ジョニデに似てるぅー」と言われると嬉しい♪

しかしつつましい生活を送るために欲しいものを我慢する時は、思わず自己犠牲の精神による聖痕が開いて、頭にのせたいばら(たまにヘアバンドの代わりにもなる)のところから血が滴り落ちてしまう。

一方ブッダは徳の高い事を言ってしまうと、頭から後光がさしてしまうので、周囲の人に気付かれないようにしなければならない。
額のイボ(?)が弱点。

こういった小ネタを随所に盛り込んでいるのが、この漫画の面白いところなのだ。
画像
このイボをめぐっての小学生とのバトルが、ややひっぱりすぎて退屈。

映画としては何か全編を通しての事件とかそういうもので引っ張って欲しかったけど、地域の人たちとの交流と、コンビニやノンアルコールビールとのタイアップがみえみえの小ネタは、原作ファンから言わせるとかなりイメージダウンだ。(よくもまあ神を冒涜するような事するなー)
出来ればその分、心配しすぎてイエスに色々世話を焼こうとする大天使たちとか、音楽の神『弁才天』がロックフェスティバルを開く為にスカウトしたので、大物ミュージシャンが早死にしているとかのネタを盛り込んでほしかったなぁ。


宗教ネタをギャグ漫画にするという怖いもの知らずな原作者 中村光氏だけど、それもこれもイエスとブッダが本当にお互いを思いやり、隣人を愛し、心温まる言動をするからこそ許されることなのでしょう。
観ていて思わずこちらの胸もほっこり温かくなる、今だからこそ観たい映画かもしれない。




聖☆おにいさん(1): 1 (モーニングKC)
講談社
2012-11-12
中村光

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖☆おにいさん(1): 1 (モーニングKC) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"「聖☆おにいさん」ゆる”ネ申 ”降臨!!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント