「ラストスタンド」シュワちゃんwill be back!

何だかパッとしない題名だし、どこでもCMやってないし・・・・
せっかく老体に鞭打って復活した第一弾映画が、ショボいものだったらどうしよう~~
なんて低めのテンションで出かけたら大間違い!!
最高っ!にクールで、最高っにシビレル!更にセクシー!
身の丈にあったでっかさで、シュワちゃんが帰ってきたーッ!!



マスコミ試写より一足早い、日本最速試写会に行ってきたYO


画像
「ラストスタンド」公式サイト(4月27日公開)

<ストーリー>

かつてはLAの敏腕刑事だったオーウェンズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、多くの仲間を失った過去から第一線を退き、今ではメキシコ国境ののどかな田舎町の保安官をしていた。
そんなある日、凶悪犯コルテス(エドゥアルド・ノリエガ)が極秘輸送中に襲撃を受け彼は逃走に成功、強奪したコルベットZR1を操り、時速300kmの超スピードでメキシコ国境を目指していた。
FBIの猛追をかわし、いよいよ国境の町を抜けるだけというその時、のどかな田舎町で待ち受けていたのは、ここを最後の砦(ラストスタンド)とする固い決意を決めた、武器ナシ・応援ナシ・経験ナシ、あるのは意欲と仲間を想う気持ちだけのオーウェンズ率いる寄せ集め5人組だけだった・・・・



大物俳優を使うと、とかく地球規模の人類の危機とかにしたがるけど、そんな大げさなものは一切無く、身の丈にあったそこそこありそうな話。
それでいて、この迫力!この緊張感!
トレイラーを見ると、今まで見たことあるような、どっかーん!となってドドド・・・・と撃ちまくって~~と、あまり魅力を感じないんだけど、どっこい!!どうしてこんなに面白いの??!

画像
のどかな田舎町では刺激が無くて・・・・

シゲキを求めて都会に出たがる若者、武器博物館と称して多くの武器を収集している武器オタク(ジョニー・ノックスヴィル)・・・・と、一見時代遅れの田舎町が舞台。
この最後まで失わないのどかさと、激しいカーアクション・銃撃戦の対比がとても魅力的。

どこか『荒野の七人』を思わせるストーリーは、シュワちゃんが活躍していた頃の映画を髣髴とさせて、本当に面白い映画は何か?を思い出させてくれる気がする。

画像
コステルの一味は最新鋭の武器を装備して、田舎町に潜伏する・・・・

大物麻薬組織は情け容赦ない。特に手下のバレル(ピーター・ストーメア)の憎々しげな表情が絶妙。
活躍を期待した若き保安官があっけなくやられてしまったのだけが、ちと残念だけど、ストーリー上大切なポイントだから仕方ないね。

画像
牧場のじいちゃんが配達してくれる牛乳が届かないのよね・・・・1本の電話から様子を見に行くと・・・・

経験したことも無い銃撃戦に、手の震えが止まらない田舎町の保安官チーム。
果たしてこんなことで、凶悪犯組織をやっつけられるのか??!

この新しい感覚の絶対絶命感ハラハラドキドキ。
でも結構容赦なく人が死んでいくので、小さい子には注意が必要かも。

画像
刑務所にぶちこまれていたイケメンのマルチネス(ロドリゴ・サントロ)のセクシーさハンパ無い~
ワルと判っていても、こんな男に檻の中からでも口説かれたらイチコロだよね☆(口説かれたりしないけど)
もう少し活躍の場を与えてあげても良かったくらいのイケメンぶりが勿体無い。

それと同等にセクシーな悪役ぶりを魅せてくれたのが、ボスのコステル役のノリエガ☆
更に彼の操る車コルベットZR1が、また超セクシー!
車に全く興味のない、カーチェイスではほぼ寝てしまうこの私が、ただ真っ直ぐ疾走するだけのコルベットを見て、そのスピード感とカーテクニックにシビレル~とセクシーさを感じてしまうのだから、車好きならヨダレもの☆

自分でカースタントをこなすのも悪くないけど、やっぱり餅は餅屋。
本当のカースタンド魂を見せてもらったわ!

画像
ふがいないFBI(フォレスト・ウティカー)が最後に聞く~~「あんた誰だ?」

全くいいところなしのFBI。
追いかけないで飛行機で先回りして、車をパンクさせたら?とか、橋を爆撃しちゃえば良いじゃんとか、突っ込ませる余裕を与えないいいテンポと、ほどよい長さが最後まで飽きさせない。

橋の上でのバトルはやや地味めだけど、シュワちゃんをターミネーターに仕立てないところも好感が持てる。
齢65歳のシュワちゃんも、自分で「年だな・・・・」と呟くように、さすがに身体も重たそう。
動きがやや緩慢なのも、身の丈にあったアクションでいいのでは?
(よく考えたら、ターミネーターでもコマンドーでも銃器をぶっ放したりする程度で、思えばそれほど俊敏なアクションはしてなかったなぁ)


画像
紅一点の保安官(ジェイミー・アレクサンダー)と人質になるFBI捜査官シチャーズ(ジェネシス・ロドリゲス)と、ダイナーの看板娘クリスティー(クリスティアナ・ルーカス)が、みなロングの黒髪で見分けつかないよ?
監督の好みなのか、女性たちがみなタイプが一緒で残念。
もう少し髪型を変えるとか、せめて栗色に染めるとかしてほしかった。




かつて「ツインズ」の双子オンリー試写会で、懐かしの双子芸人ポップコーンとピーターパンで空を飛んでいた沖本姉妹と一緒に、そっくりな双子数組と選ばれた何組かで、写真週刊誌フライデーの見開きページと、FLASHに写真が掲載されたことがある私。当時からシュワちゃんが好きだったのよねぇ。
(FLASHのほうは、私と妹だけがカラー写真で何故かエッチページの隅っこに映画の宣伝として掲載されていた・・・・・汗)

シュワちゃんのファンだからこの映画が気に入ったってこと?
その真偽のほどは、是非自分の目で確かめて!



"「ラストスタンド」シュワちゃんwill be back!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント