「最強のふたり」心はひとつ

予告を見たときから気になっていた作品。
予想を裏切らない感動は、フランスの海岸に吹く風のように爽やかで・・・・


画像
「最強のふたり」公式サイト(9月1日公開)

<ストーリー>

事故で首から下が全身麻痺になった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者の面接で不採用通知を書けと言ってきたスラム出身のドリス(オマール・シー)に興味を持った。
翌日から働くことになったドリスだったが、異文化のふたりはとまどうことばかり。
しかし歯に衣着せぬ物言いで接してくるドリスに、次第にフィリップは心を許し、強い友情で結ばれていくのだが・・・・・




画像
雪球をフィリップに投げるところはあるのだけど、予告編で見せる「たまには投げ返してみろよ。」という台詞はなぜか本編では無し。
あそこいいのに~

貴族出身で大富豪の一族の長でもあるフィリップは、そもそも子どもの頃からこのようなタイプの友達がいなかったのだろう。
いつもご機嫌を取る大人たちと、お行儀の良い友達との付き合いが当たり前だったフィリップにとって、ドリスはある意味新鮮だったにちがいない。




画像
風俗へも繰り出す
今まで触れてこなかったゾーンへも、ぐいぐいと迫る。
これが生きてるってことか!


画像
強引なドリスのおかげで、文通相手ともデートにこぎつけるのだが・・・・

あれこれと洋服を着替えておめかし。
初デートに緊張しまくる大富豪と、そのあとの展開が切ない。


画像
フィリップの毎年恒例おきまりのサプライズ誕生日はクラッシック演奏会

ここのシーンが大好き。
堅苦しいミニオーケストラ演奏会に飽きたドリスが、ソウルミュージックで踊りまくる!
なんだかそれだけで涙出てくる~

それにしても大富豪の方って、今でもこんなかんじに暮らしているのかしら???

画像
介護用自動車なんか乗ってらんねぇ!格好いいスポーツカーで夜の街をぶっ飛ばす


介護の仕事を辞める辛い決断のところは、もう少し決断するまで時間をかけてほしかった。
しかしドリスの寂しい生い立ちと、彼のもう一つの居場所、後に続く『離れていても繋がっている心』へと続いていく導入部としては、このあっさり感も大切なのかな。



人生にその場で立ち止まっていたふたりが、お互いに必要とする、必要とされることを知って生まれた深い絆。
目で全てを伝え合い、高めあうふたりは、まさに『最強』に違いない。
泣いて笑って暖かくなる映画。是非オススメ!

"「最強のふたり」心はひとつ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント