「白雪姫と鏡の女王」正統派女の子童話

どうして夏休みの初めに公開にしなかったの?というくらいに、正統派の女の子向けグリム童話な作品。
決しておこちゃま向けでもなく、ちゃんと大人も楽しめて家族みんなで観るのにぴったり。


グリム童話生誕200周年ということで、この夏2作品がかぶってしまった「白雪姫」

シャロン・ストーンがその美しさと、CGで見事に変貌するところがちょっと怖い「スノーホワイト」はグリム童話の『本当は怖い』部分を表現した。(観てないけど)
反対にこの作品は、グリム童話の童話たる部分を全面に押し出し、それにコメディ部分を加えてより楽しさを強調していると言える。


画像
「白雪姫と鏡の女王」公式サイト(9月14日公開)


<ストーリー>

国王(ショーン・ビーン)がなくなった後、継母の女王(ジュリア・ロバーツ)は白雪姫を部屋に閉じ込め、自分は贅沢三昧の生活を満喫していた。
しかし国の財政は破綻し、国民は飢えていた。

ある日、森で襲われた王子(アーミー・ハマー)たちが助けを求めてやってきた。
女王は財政難を回避するべく、若き王子と自分が結婚すると決めパーティーを開くのだが、女王の許しを得ないでこっそりパーティーに紛れ込んだ白雪姫(リリー・コリンズ)と出会い・・・・・



画像
王子と家来は森で巨人に襲われ身包みはがされる・・・・・・


王子にしては天然キャラを演じるのは、「ソーシャルネットワーク」に双子の秀才で出演したアーミー・ハマー。
あの時は相当なイケメン登場!と思ったけど、なぜか王子という役なのに、それほど格好良く見えないのは、わざとトボケタ感を出しているからか?

度々身包みはがされ、パンツ一枚で女王に謁見したり、魔法で子犬ちゃんになったり、お笑い部分担当。


画像
美しさを保つ為に色々頑張る女王は、憎たらしいけど可愛い・・・・やっぱりジュリア・ロバーツだから?

かつて童話で描かれてきたような、『恐ろしい魔女』ではない、等身大の継母なのがちょっと面白い。
「あなたは素直でとてもいい子ね・・・・・・そこが、ムカツク!」と言っちゃう女王は、とても人間味がある。

王子とのパーティーに向けて、ありとあらゆる美容施術や生ボトックス注射(ひえーっ!!)で、必死に若返ろうとする涙ぐましい努力は他人事とは思えない~


画像
女王の努力も空しく、やっぱり白雪姫に目を奪われる王子


「そりゃ、18年もひきこもっていたら肌の色も白くなるわよっ」と女王が吐き捨てるのも無理はない。

え?どう見ても14~15歳にしか見えない!
おぼこい白雪姫のリリー・コリンズは、フィル・コリンズの娘で現在は大学生。
「ミッシシングID」でもその眉の太さにドン引きしたけど、今回も最初のアップでびっくり!
でも次第に慣れてくるのか、どんどん可愛らしく見えてくるから不思議。


画像
森に逃げた白雪姫は、小人の家に住み・・・・

お話の展開は童話に忠実で、特にひねりはない。
小人たちは、本当に体の小さな方々。
村の人からも女王からもイジメを受けているので、今は森で盗賊をしている。

ハイホー!ハイホー!はなかった。


画像
召使のブライトン(ネイサン・レイン)がなかなかいいキャラ

ワガママな女王に振り回される召使の慌てぶりが面白い☆
途中、女王の怒りをかってなんと、ゴキブリにされてしまう・・・・魔法が解けても茶色い燕尾服が、チャバネゴキブリっぽい~


画像
王子と白雪姫は森で戦い・・・・


女王の命を受けて白雪姫を退治しにきた王子と、剣で戦う白雪姫。
『毒リンゴで死んだ白雪姫は王子のキスで生き返り・・・・』という童話の要の部分が大きく違う。

同じ剣を取って闘う白雪姫でも、「スノーホワイト」と違うのはちょっと練習したくらいじゃ、それほど剣の達人のようにはなれないってところ。
軽く王子にあしらわれるところが、現実味があってキュン♪となっちゃう☆





エンディングでなぜかインド映画のように(しかもインド風音楽で)踊り出すところは、?マークいっぱい出ちゃったけど、安心して子供と観られる映画として普通に楽しめる作品になっている。



"「白雪姫と鏡の女王」正統派女の子童話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント