2012 4月のロンドン公開映画と今月の1本

3月に引き続いて、大物話題映画は影を潜め、地味なのに★の高い映画を揃えたUK映画。
なんと堂々の満点も。
とても満点取るような映画に見えないけど、捻った作品大好き英国評論家を唸らせた映画とは・・・・



今回も★の数の多いものから順にご紹介。満点はいつものように★5つ。



The Cabin in the Woods
★★★★★(堂々の満点)
画像
予告編を見ても、とても面白そうには見えないのになんと★5つ
いったいどんな秘密が隠されているのか????

公式サイト

公式サイトがとにかくカッコイイ☆
なのに宣伝文句は『あなたはこの話を知っていると思う』って、どゆこと?

確かに週末を湖のほとりのキャビンで過ごす若者たちが惨殺されていく話は、お約束の死亡フラグカップルも登場するわ、チェーンソーは出てくるわ、謎のモニターに謎の仮面。
ジェイソンとソウを足したような予告編で、いったい観客を惹きつけられるのか??
度肝を抜くラストを用意しているらしいけど・・・・・

かえって気になるぅ。





Tiny Furniture
★★★★
画像

大学で映画理論の学位を取った後、アーティストの母親と妹が暮らすニューヨークの家に戻った22歳の主人公の女性が、故郷での新しい生活になじめず苦悩する姿をえがく。

日本では受けなさそうな、あまり美男美女ではない人たちが、等身大の若者を見せてくれる。




Into the Abyss: A Tale of Death, A Tale of Life
★★★★
画像

ヴェルナー・ヘルツォーク監督が、凶悪犯罪と極刑について考察するドキュメンタリー。






The Hunger Games
★★★(ロンドン人気1位)
画像
「ウインターズ・ボーン」の若き実力派女優ジェニファー・ローレンスが、アメリカ版「バトロワ」に主演。

3000年後のアメリカ。
独裁国家パネムでは、12地区から少年少女1人ずつをくじ引きで決め、最後の1人になるまで殺しあうゲームに参加させていた。
生き残った1人には名誉が与えられるが・・・・・

日本のバトロワをリスペクトして書かれたベストセラー小説の映画化らしい。
ジェニファーが体を張って頑張っている。



Wrath of the Titans(邦題「タイタンの逆襲」)
★★★(ロンドン人気3位)
画像
ゼウスと人間との間に生まれたデミゴッドのペルセウスが魔物と戦う話。日本公開は4月21日






Babycall
★未定
画像
昨年秋に開かれたローマ国際映画祭で、ノオミ・ラパスが最優秀主演女優賞に選ばれることになったノルウェーのホラー・スリラー映画。
英国では3月30日から公開.

この頃ノルウェー映画、頑張ってる~♪



暴力的な父親から守るため、8歳の息子と一緒に逃げ出したアンナは、息子を一人で寝かせるのが心配でベビーモニターを購入する。
すると息子のものではない子供のうめき声をキャッチしてしまう。
声は隣の家から聞こえるようだが・・・・・





どういうわけか今月、物騒な映画が多いけど・・・(私のチョイスが偏っているだけ?)





今月の1本

Tinker Tailor Soldier Spy(邦題 「裏切りのサーカス」)
★★★★
画像

ロンドンでは昨年10月に公開済み
冷戦時代、元MI6のメンバーが内部に潜む2重スパイを暴いていくサスペンス。
ずーっと心待ちにしていたけど、公開は4月21日で、まだまだ先だわぁ・・・


既に観ている今月公開の映画、まだ~むの評価はこちら

「ヘルプ~心がつなぐストーリー」☆☆☆☆☆
「アーティスト」☆☆☆☆
「ドライヴ」☆☆☆
「バトルシップ」☆☆☆☆


春休みだから思うように動けないとか言っておいて、3月は試写会を含め9本観ていた私。
さて、今月はどうかな?
「ジョン・カーター」「バトルシップ」「タイタンの逆襲」と続く春のラインナップで、話題としては押さえておきたいけど・・・・・大味な印象だなぁ



"2012 4月のロンドン公開映画と今月の1本" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント