「トゥームレイダー」(2001)ゆかりの地をたずねて

ロンドンでは既に公開されている映画「2012」
惑星直列によって、地球が滅亡する話らしいが、その惑星直列を題材にしていた映画が、既にあったのだ。
マヤ暦では、2012年の12月21日にえらいことになる地球が、人気ゲームを題材にした「トゥームレイダー」でも世界の危機に直面するわけだけど・・・・・
2012年3月 追記部分は赤文字。



画像
迫力ボディーのアンジェリー・ナジョリーの「トゥームレイダー」(2001年)
思春期の頃、やせぎすで歯を矯正していたことからいじめにあい、自傷行為に走ったり、同棲相手とモッシュ(ヘヴィメタやパンクロックでヘドバンしたりすること)に出かけたりしていたとは思えないような、自信たっぷりのララ・クロフト役で、彼女が得たものは計り知れない・・・・



<ストーリー>

英国貴族のレディとして育ちながら、過酷なトレーニングを欠かさない美しいトレジャーハンターのララ・クロフト(アンジェレーナ・ジョリー)。
5000年に一度のグランドクロス(惑星直列)をあと1週間後に控えたある日、20年前に失踪した父親が残した、謎の時計を隠し部屋から発見する。

謎を解くべく接触した弁護士パウエル(イアン・グレン)が、世界支配を目論む秘密結社イルミナルティの一員で、時計に隠されていた鍵をつけねらっているとは知らず、父(ジョン・ヴォイト アンジーの実の父親)からの伝言で世界崩壊を防ぐべく、謎に挑んでいくララだったが・・・・



画像
ハットフィールドハウス マナーハウス公式サイト
ララ・クロフトが住んでいる貴族のお屋敷として使われたのは、ロンドン郊外のハットフィールドハウス。
観に行きたかったんだけど、冬の期間はクローズしているらしい。(涙)

念願かなって帰国前に貴族のマナーハウス ハットフィールドへ行って来たyo(ロンドン観光地めぐり☆映画撮影はハットフィールドハウス 参照)

画像

画像冒頭のヤブサメ的シューティングで見事な乗馬をみせてくれるシーンで、ララ・クロフトの住むお屋敷が登場。

このあとも何度かお屋敷の全体像が登場するが、それは大きくて見事だったので、帰国までにいつか見たいと思っていたのだった。


画像

暴漢が襲ってきて戦うホールはセットとしても、図書室はハットフィールドだ。
貴重な本や資料を傷つけないようにアクションをするのは、大変だったことでしょう。

図書館写真の左に見える暖炉が、↓の戦う二人の右側の壁に見える。

画像


画像
ララのパパは、アンジーの実の父親
幼少の頃から不倫で母親を裏切っていて、母子で貧しく暮らしていたこともあって、かなり恨んでいたらしい。
この役では、パパを心から慕う娘を演じている。

なんか、まんまるなおめめがソックリ!さすが親子☆



ララを助けるのは、お屋敷に同居する相棒の天才プログラマーでロボットオタクのプライス(Bryce)と、クロフト家の執事クリス(Hillary)。
二人ともすごくいい味を出している。
特に、執事はララにいつも女性らしいドレスを着せたがっていて、戦闘のときも、きちんと防弾チョッキを着込んで、スリッパも履きかえるのを忘れない英国ならではの執事というかんじを上手く出している。
(執事は普通、防弾チョッキを着ないけどね・・・)

画像
冒頭のアクションシーンからすごい!
ゲームが元になっているだけに、内容に深みが足りないのは仕方ないとして、純粋にアクションを楽しむなら、素晴らしい出来栄え。
2ヶ月半もトレーニングを積んだというアンジーに、素直に拍手を送りたい。
これだけ美人で、これだけスタイル良いのに、更にこんなに努力をするんだから、向かうところ敵無しなわけだ。

そんなアンジーが、この映画で主演女優としてラジー賞にノミネートされちゃったなんて、かわいそう・・・


画像
ランド・ローパーやアストン・マーティンなど英国の高い車をボコボコにぶっ飛ばす
お屋敷だって、ボロボロにするけど、よくある映画のように、次の日には直ってるんじゃなくて、執事とプライスがせっせと割れたガラスを箒で掃いているシーンが、私は好き♪




画像
舞台はロンドンからヴェニス→アンコールワット→シベリアへと大移動
時計に隠された鍵を使ってアンコールワットで手に入れた、プレートの破片を持って最終秘密基地のあるロシアのシベリアへ行くというシーン。

このシベリアのシーンを撮影したのが、実はアイスランドだったのだ。


画像画像









CGで消したりせずとも、宇宙戦争的な映画が、ばんばん撮れそうな景色の続くアイスランドの旅日記(アイスランド旅行レポート☆地球の割れ目)はこちら。

映画の中で、水陸両用車に乗って行ったような氷河の湖には、今回行かなかったのだけど、滝のところから遠く氷河が見えた。(右写真)
実際の撮影現場は、氷河と氷河湖、そしてごつごつした岩場だったので、湖と岩場の写真をup☆



自分がこんな地球の果てみたいなところに行くとは思っていなかったので、映画を見て、おりょ?とビックリ☆
それにしても厚手のコートを着ているとはいえ、タンクトップ1枚の前をはだけて、犬ぞりを蹴るアンジーの役者魂に、またしても感心してしまった・・・・







結果的に、惑星直列によって起きるパワーを集めて、いったいどうしようとしていたのか、仰々しい悪の秘密結社のようなイルミナルティの、その目的や方法が明確でなかったことが、この映画の敗因となっている。

映画「2012」で起きる地球崩壊は、どこまでリアリティを追求できるか?
あまりリアルだと、ちょっと怖いかも・・・・







"「トゥームレイダー」(2001)ゆかりの地をたずねて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント