「ヘルプ~心がつなぐスト-リー~」勝ち取ったもの

虐げられた人々を扱ったテーマが気になる私。
まさにこの映画がそうだ。
法律的には奴隷解放されても、実際にはまだまだ公然と差別を受ける社会。
八方塞がりな中で、人間の尊厳を忘れず真っ直ぐに生きていこうとする人たちがとてもまぶしい☆


画像
「ヘルプ~心がつなぐストーリー~」 公式サイト


<ストーリー>

大学を出たスキーター(エマ・ストーン)は米国南部の町ジャクソンの実家に戻ってきた。
小説家を目指す彼女は、結婚した友人たちが黒人メイドを虐げながらも家事や子育てを全て任せっきりにしている田舎の閉鎖的な社会にショックを受け、黒人差別の実態を本にしようとインタビューを試みる。
報復を恐れて頑なに口を閉ざすメイドたち。
しかしヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)の家で酷い扱いを受けるメイドのミニー(オクタヴィア・スペンサー)が、室内の家族用のトイレを使ってクビになったことから、息子を事故で亡くしたエイバリーン(ヴィオラ・デイヴィス)も重い口を開き・・・・・


画像
母はメイド、祖母は奴隷だったと話すエイバリーン


2世代前が奴隷だなんて!

今まで奴隷時代や、南北戦争もしくは奴隷解放のテーマの映画は見てきたけど、まだまだ差別の根強いこの時代の話は始めて。


画像
同級生は皆、結婚して優雅な生活を送っていた

黒人だけじゃない、気に入らない人は仲間に入れないヒリー。
「50/50 フィフティフィフティ」でも、ものすごくムカつく美人を演じてはまり役のブライス・ダラス・ハワード。
もしや定着しちゃてきたのでは?


お茶会と称しては集まってウワサ話。気に入らない人は呼ばない~~って、なんかデジャブ??
どの時代でもいるよね、こういう人。
お茶に呼ぶ時、この人とこの人は一緒に呼ばない・・・とか、いない人の悪口に相槌を打たない・・・・とか、駐在員夫人の世界でも随分と鍛えられたyo
一番大切なのは、いつでも毅然とした態度でいる事。ここでいうなら、まさにスキーター。

画像
ヒリーの母が同居する時、お気に入りのメイドのミニーを一緒に連れてこさせた・・・

ヒリーが彼女をお気に入りなのは、料理の腕がこの州一番のミニーの料理を食べたいから。
彼女のチョコパイが一番のお気に入り。
これは重要なキーとなっている。


それにしても不思議なのは、ヒリーの母もスキーターの母も意外に黒人に優しいというか理解を示すところ。
年齢の高い人ほど、奴隷時代を引きずっていて黒人に対して厳しいと思っていたのに・・・・



画像
スキーターは優秀でわが道を行くタイプ、そんな娘を母は心配して・・・・

昔の田舎町だからこそ、娘がいき遅れるのを心配するのは当然。
「まさか女性が好きなの?それには薬草の根っこを煎じて飲むのがいいらしいわ。」という台詞で場内に笑いが~


それにしてもどうしていつもママはガウン?と思っていたら、実はガンだとラストの方でわかる。
確かにいつもカツラをつけて、薄くなった頭髪を気にしていたわけね。

画像
ヒリーの夫婦用トイレを使ったことでクビになっただけでなく、何処でも雇われないように仕向けられて職を失ったミニーだったが・・・・

ヒリーの元カレと結婚して、奥様会からつまはじきにされているシーリア(ジェシカ・チャスティン)は、誰もが目を見張るナイスバディ。
ちょっと天然なところが、ミニーを救ってくれた☆


料理上手のミニーが作るフライドチキンは、実に美味しそう♪

フライドチキンといえばアメリカンなイメージだったけど、実は元はアフリカから来た奴隷の食べ物だったのだそうだ。
うんうん、納得!
イギリスやアメリカの食べ物が美味しくないわけが判ったよ。
思えばかつては奴隷に、その後はメイドに全ての家事と料理をさせてきたからなんだね。
植民地を多くもっていた国では、自分の料理の腕を上げるチャンスがなかったんだ~~


画像
ついに協力者が増え・・・・


重たかった口も、話し始めると関を切ったように・・・・
本が出版されてからの町の様子も見ものだ。



ラストはハッピーエンドのようであり、バッドエンドとも言える。
しかしその後も長く続いたであろう人種差別との戦いは、これで解決したわけではなく、むしろここからスタートしたようなものなので、私はこのラストがとても気に入っている。


神の教えに忠実に「隣人を愛して」いこうとする、彼らの穢れなき魂に崇高な輝きを見た気がした。


"「ヘルプ~心がつなぐスト-リー~」勝ち取ったもの" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント