「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須

予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。
登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆



帰宅時のサングラスと大判ハンカチ必須。
泣きすぎて頭が痛くなっちゃった。



画像
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」 公式サイト



<ストーリー>

9.11で最愛の父トーマス(トム・ハンクス)を亡くしたオスカー少年(トーマス・ホーン)は、深く負った傷を癒す方法を模索していた。
ある日クローゼットから見つけた鍵に、父がメッセージを残しているのでは?と考え、鍵の入った袋に書かれた「ブロック」という言葉を頼りに調査探検を始める。

空の棺を埋葬した母(サンドラ・ブロック)に今でも納得のいかないオスカーは、母に内緒でNYに住むブロックさんに会う旅を続けるうちに・・・・・・





画像
クローゼットに置かれた花瓶の中には、ブロックと書かれた封筒に鍵が一つ入っていた


日頃からアスペルガー症候群では‘不確定‘だけど(広汎性)発達障害であると思われるオスカーの為に、他人と話すきっかけを作ろうと父が考えた「調査探検」ごっこ。
見つけた鍵が、パパからのメッセージに繋がると信じて、調査を始めるオスカー。



ちょっとした音が苦手、
人と話を合わせたり、うまく会話のコミュニケーションを取る事が苦手、
自分の興味あることに関しては異常なほどに関心を持って記憶したり、人に話したりする

そんなオスカーの為に、ゲーム感覚で謎を解いて、調査のために人にインタビューもするよう自然に仕向けてあげて、根気よく彼に付き合う父の大きな愛に心を打たれる。

画像
母は心を閉ざすオスカーを心配しながらも・・・・


母もまた夫を失って辛い思いをしているが、オスカーにはそこまで察する力がまだ無い。

しぐさや言葉から相手の気持ちを察することが難しいのは、なにもアスペルガー症候群だからと言うわけではないだろう。
特に自分自身がいっぱいいっぱいの時などは、誰でもそうなんじゃないかな。



バタンとドアを閉めて行き先も言わずに出て行ってしまったオスカーが、ドア越しにそっと「愛してる」と言うシーン。
ママはちゃんとそこにいて聞いているのだけど、ドアの向こうのオスカーにはその気持ちがママに届いたかどうかは分からない。

年頃の息子を持つ身としては、当然ここで滝の涙。
いつかこの扉を開けてくれる日を、母はじっと待つしかないのね。

画像
おばあちゃんは僕が寂しい時はいつでも答えてくれる

オスカーにとって救いの一つは、隣のマンションに住んでいていつでもトランシーバーに応答してくれるおばあちゃん。
彼にとって心強い存在であると同時に、探検の同行者となる『間借り人』へ繋がる道筋となる。


この辺りも脚本が絶妙!
観ている側は主人公のオスカー少年よりも、彼を見守る母となり、祖母となり、祖父となってこの映画を観ることになる。
画像
謎の『間借り人』(マックス・フォン・シドー)とNY中のブラックを訪ね歩くうちに・・・・

次第に彼が自分の祖父だと気付くオスカー。
あえて名乗らず、あえてオスカーにただ付き合うことで、彼の成長を見守る口の利けない祖父をマックス・フォン・シドーが熱演。
人生を教える為には、言葉はそれほど必要ないのだと気付かされる。



画像
たくさんんのブラックさんと会ううちに・・・・



多くの人が傷ついて、それでも力強く生きていることを、自分の足で確かめて回ることで大きく成長していくオスカー。

どのくらいの撮影期間を持ったのか分からないけど、オスカーが着実に大きく大人になっていく様子が手に取る様に見えて凄い☆

演劇経験の無いオスカー役のトーマスを、ここまで演技させた監督が凄いってことで主演男優賞にノミネートがなかったのかもしれないけど、是非とも彼にオスカー像をあげたかったなー☆オスカーだけに



"「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント