「J.エドガー」フーバー長官の秘密

アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・
彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?


そういったものを、もう少しクローズアップしてたら、かなり興味深く見られたかも。
結局良い人だったのか、悪い人だったのか、答えを得られないまま伝記物語で終わっちゃった気がする。



画像
「J.エドガー」 公式サイト


さすがゴールデングローブ賞主演男優賞ノミネートなだけあって、ディカプリオの演技が上手い。
でも前半は回顧録を作成しているということで、若い頃を思い出しながらディカプリオのナレーションが続くのだけど、若い時のフーバーの喋りとナレーションが同じ一本調子なので、ちょっとウトウト。



<ストーリー>

1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、当時まだ確立されていなかった科学捜査や指紋管理システムなど次々に考案。
科学的な証拠から犯人逮捕の成果をあげていた。

しかしそんな彼には誰にも知られてはいけないプライベートな秘密があった・・・・

画像
全てを知り尽くす秘書にヘレン(ナオミ・ワッツ)と右腕としてエドガーに仕えるクライド・トルソン(アーミー・ハマー)


50年間もFBI長官を務めてきたエドガー(最初から死ぬまでまで長官ってすごい!)に、それこそ最初から秘書として仕えるヘレン。
デートする気満々だったエドガーだったのに、キスすらも拒んだヘレンは、何故結婚もせずに晩年までエドガーの傍で勤め上げたのか?その辺のところがよく判らない。

ヘレンは既に秘密をいっぱい知っていたから辞めさせてもらえなかったのか?実はエドガーを好きだったのか?



画像
すごいマザコン
FBI長官として権威をふりかざすエドガーも、実は母思い。というより、マザコン?
緊張して吃音が出てしまっても、母の言うとおりに練習すると吃音は克服できた。



画像
女性に囲まれるとFBIの自慢はするが、ダンスを申し込まれると突如として吃音が出始め・・・・・



実際に同性愛者であり、服装倒錯者だったという推測のあるエドガー。
母が女装癖をきつく非難するところを見ると、「女装した少年が酷いあだ名で呼ばれるようになった」エピソードは、もしかするとエドガーの子供の頃のことなのではないだろうか。
そのへんのことは判りにくい。

しかし、こうした厳格な母の影響で、エドガーが自分の本質を覆い隠そうとして、あえて黒人を差別したり映画では出てこないけど、同性愛者や不倫や借金のあるものをクビにしたのかも・・・・

画像
殴り合いの喧嘩の末に・・・・BL界ではここから~~萌えどころなんだけど

脚本は自身が同性愛者で、重圧のかかった思春期を送らなければならなかった「ミルク」のダスティン・ランス・ブラック。



常に一緒にいるクライドに、「女性と結婚をしようかと考えているんだ。」「肉体関係も2~3度あったよ。」と打ち明けて殴り合いになるけど、ここんところ大事でしょう?

エドガーが母の教えを守って『心にも無い結婚』を決意したのなら、クライドに対する『本当は熱い想い』をもう少し表現してほしかったし、実は自分の本心を母の教えの元に封印している、またはFBIの者たるや人に知られてはまずいような秘密を持ってはいけないという信念を貫いているのだとしても、ここは二人の空気ってものが、もうすこしあるべきだったと思うの。

「マイノリティであることへの重圧からくるフーバーの人となり」が表現し切れてないような?
この手の話は腐女子に聞かないと!ちがうか~?


画像
年老いた姿は、フーバー長官にしっかり似せている


吃音のシーンは上手いけど、フーバー老人は特殊メイクに頼って、喋り方とかあまり老人らしさを感じない。
どちらかというと、小刻みに震えがくる老人クライド役のアーミー・ハマーのほうが断然上手!!じゃあどこが主演男優賞なのかな!?




ラストのほうは、フーバー長官による盗聴などの違法捜査や、回顧録に記されたことは手柄を全て自分のもののように作り上げたものだったと言う事は、指紋や証拠の品など科学に基づく捜査といわれたものまででっち上げだったの?と思ってしまう。


年老いてまでFBI長官の権力を振りかざすフーバーに、ただひたすらついていくクライド。
ラストに彼に残されたフーバーの手紙は、50年心だけで繋がってきて初めて実感できた、たった一つの『純愛』の証拠だったのか?






あくまで「半生を追った」になってしまっていて、ちょっと焦点がぼけたかな。
フーバーのシュレッダーにかけた多くの人の秘密の書類と同様に、彼の本質も消されてしまって分からないということか。


最近、実在の人物を描けばいいというかんじの映画が多いけど、それでいいの?


"「J.エドガー」フーバー長官の秘密" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント