ハリウッド体験☆「47RONIN」裏話パート2

また次回と書いてから、もう随分経ってしまった・・・
ハリウッド映画「47RONIN」の裏話パート2。
討ち入りの日に続きをUPするつもりが、これも過ぎてしまったわ(汗)


来年公開予定のキアヌ・リーブス主演の「47RONIN」
息子の同級生のお兄ちゃんが、無事ハリウッド映画出演を果たしたいきさつは↓のとおり。
ハリウッド体験☆エキストラ登録
ハリウッド体験☆キャスト発表その後
ハリウッド体験☆クランクアップ
ハリウッド体験☆47RONIN裏話


今回が最後の裏話パート2
まずは四十七士を祭った義士祭の話から


画像
福岡興宋寺の抱え大筒↑

ハリウッド進出を果たした『おにい』のご実家は九州。
福岡県の禅寺 興宋寺に、東京の泉岳寺にある四十七士の墓をそっくり模した墓があり、そこで討ち入りの日の14日に行われる義士祭に行ったのだそう。
YOU TUBEにアップされている動画を見ると、なかなか立派なお祭りなのね。






さていよいよ、撮影裏話のパート2は、『おにい』がただのエキストラから切腹を果たすまで☆

・村人
初めは私にもオファーがあった村人の一人。
2週間ほど掛けて村人が出てくるシーンを撮影。
英語バリバリの『おにい』は、他にも積極的に手を上げて、CG用の動きのモデルなどいろいろな撮影のお手伝いをすることに。


・エリートサムライ
赤い甲冑を着て、エリートサムライとしても参加。
こちらは顔は映ってないそう。


・浪人=四十七士のメンバーに
演技テストも経て、ついに四十七士の一人に昇格!!!!
『おにい』は17歳なので、赤西くんの大石主税が16歳とすると、彼より年上の役になる!?


・血判書
血判書のシーンを撮影。
まずは大石内蔵助役の真田広之が、さらさら・・・・と筆で大石内蔵助と巻物の和紙に署名。
続いて『おにい』が、「大石内蔵助」の文字の横に、自分の名前を書いたそう。(下から撮影していたので文字は映らず)
そのあとキアヌ・リーブスが、「キアヌ・リーブス」と署名。

血判書のシーンは3人のみ撮影したので、『おにい』が映っている可能性大!



・プレス撮影
四十七士のエキストラから15人が選出され、5人ずつに分かれてプレス用の撮影が行われた。
キアヌ、真田さん、赤西君の近くの位置をおにいはゲット☆
スタジオ内に白い反射板がいろいろな角度でたくさん置かれていて驚いたそうな。

そのほかおにいだけが、小さいスタジオで刀を持って必死の形相で一生懸命走るシーンを写真撮影。
スタントの方から「走るときは口や眉で顔を表現するのではなく、目に力を入れて!」と指導があったらしい。



切腹の衣装
勿論、白装束。
なので下着は白い衣装から透けないように白いものを身に着けるように言われたらしい。
でも、白い下着をもってないエキストラの人が多かったみたいで、真田さんにどうしたらいいでしょうかと質問したら、
「持ってないやつは、ふんどしかー、ふりちん!」って言ってみんなで笑ってたらしい。
真田さんて、エキストラの人たちにも緊張しないように声を掛けてくださったり、とてもいい方だそう。



・切腹
撮影には切腹のプロ(笑)が、『切腹の作法』をコーチ。
おにいは家に帰って「お母さん、もうボク切腹ができるよー」と言ったとか(爆)

これも全員が揃うまで何度も撮影。
真田さんは教わる前から作法は知っていたとのことで、さすが上手だったらしい。もう何度も切腹してきたのかな。


キアヌ
エキストラの皆さんとも仲良くなったおにい。
キアヌが向こうからやってきたときも、「ハァイ、キアヌ!」と声をかけたら、礼儀正しく「オハヨゴザイマス」と挨拶してくれたので、慌てて「おはようございます!!」と言ったそう。

マトリックスでは出演料が20億、今回の47RONINでは9億というウワサ。
ちなみに、『おにい』は、高校生にしては結構な額の出演料を、夏の旅行でほぼ使い切ったのだとか。

画像
エキストラ登録に行ったときに見た製作途中の船の写真





劇場予告編が世界に先駆けて日本で公開されているようだけど、すでに「やばいらしいよ。」とのウワサも・・・
船とか魔女とか出てくる四十七士って~~~~さてどんな仕上がりになっているのかな?




"ハリウッド体験☆「47RONIN」裏話パート2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント