「新少林寺」瞬きを忘れて

最初から最後まで、怒涛のような大迫力。
瞬きをしている暇なんかないっ☆



画像
「新少林寺」 公式サイト


<ストーリー>

1912年の中国。清王朝が倒れた後、国内は戦乱によって荒れ果てていた。
難民や負傷した兵士を助ける少林寺の僧侶たち。
そこへ将軍侯杰(アンディ・ラウ)と軍人たちが押し入り、寺での殺生を禁じる僧侶たちの前で、無残にも殺害する。

血も涙もない侯杰も、家族を人一倍愛するひとりの父親であったが、腹心の部下・曹蛮(ニコラス・ツェー)に裏切られ、遂に城も軍隊も愛する娘の命までも奪われてしまう。

お尋ね者となった侯杰は、かつて愚弄した少林寺へ匿われ、次第に仏の悟りを開いていく。
そんな少林寺へも、戦火は迫ってきて・・・・





画像
戦いのシーンでは大抵寝てしまう私も、瞬きすらしている暇が無いっ☆


とにかくはじめから、ものすごい迫力。
かなり接近して見せるカンフーの戦いは、画面いっぱい、目にも留まらぬ速さなので、もう何処を見ていいのやら・・・?
この映画に限っては、ちょっと真ん中より後ろの席で見ることをオススメするwa


それにしても、主役のアンディが、何だか相当悪い人だよ?



画像
まるで中国雑技団☆  修行がとにかく凄い!

「ベストキッド」でも、山の上の寺では過酷な修行を積んでいたけど、これは何といっても役者さんが凄いよ。
棒の上でなくても、この姿勢すら出来ないよねぇ



オリジナルの「少林寺」は、遠い記憶の彼方。
ただ子供心に、お寺のお坊さんなのに『すごく恐ろしい殺戮集団』のようなイメージだけが残っている。
その修行も戦いも、つまりそれだけ過酷で、恐ろしいまでに強かったはず。

それに比べて、この「新少林寺」は修行僧たちが、義賊に化けたり子供たちや食事係のジャッキーがほのぼのとしていて、その『怪物みたいに強い少林寺拳法を自在に操る一団』から、『カンフーの強い結束の固いただの僧侶たち』になってしまっていることが、唯一の残念な点であった。

カンフーとはいえいちいちポーズを決めていたら殺られちゃうのは判るけど、戦いが普通の殺陣に見えちゃう。

画像
ジャッキーがほのぼのシーンを担当~だけどやっぱりオーラがあるから、何か期待しすぎちゃうよ。

期待しすぎて、「自分に自信のない男」に見えないなぁ。
ジャッキーだけに、『実は凄いヤツだった』んじゃないかと期待しちゃってた~~

子役は何処の国でも超一流☆
彼らが銃を撃ってくる軍隊に体を張って向かっていくシーンは、涙・涙・・・・
仏の教えを信じていれば恐るることはないのだね。
うちの息子も仏教系の私立に行かせて、良かった(笑)


画像
方丈和尚(ユニ・ハイ)の説法は、どんな力よりも偉大

中国にこんな素晴らしい教えが、古き時代から脈々と受け継がれているはずなのに・・・・
最近色々な事件が多くて。


しかしこの素晴らしい教えで、アンディいい人に大変身!
そうだよねー、そりゃあ、そうでなくちゃ☆



画像
迫力の戦闘シーンは、銃をぶっ放す軍隊相手に、勝つわけが無い・・・・


勝つ訳ないような相手を倒したりするのが映画の面白いところだけど、これはどうしようもないよね。
さすがの少林寺拳法も、こうなるとどう捉えていいのか・・・・

加えて、僧侶も軍隊も、難民までもがねずみ色。
もうどっちがどっちやら・・・???



画像
どっかん、どっかーん惜しげもなく爆破されて崩れていく少林寺。
美術スタッフさんが、古い壁や寺も丹念に再現して建てたというセットは、気持ち良いほどまでにぶっ壊わされていく。
やっぱりCGとかと違う迫力!作った人も壊した人も、そのパワーに感服だわ。


見事に全員死んじゃう映画っていうのも、珍しいけど、迫力満点で、最後まで飽きさせない。
すっかり瞬きを忘れて、目が乾いてしまったのだった。





"「新少林寺」瞬きを忘れて" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント