ロンドン観光地めぐり☆オックスフォード大学

祝!ハリポタ最終章 第3弾はオックスフォード大学とクライストチャーチ。
ここはホグワーツの食堂のシーンで使われることで有名。
最終章はホグワーツ回帰だったらしいし、この食堂も登場したかな?


今年の秋からは、エマ・ワトソンも編入を決めたと言うこのオックスフォード大学は、2010年の世界大学ランキングで6位に位置する世界的な名門大学だ。
(日本の東京大学は24位 、京都大学は25位)(クアクアレリ・シモンズ調べ)

画像
シリーズ最初の「賢者の石」で、ホグワーツに着いたばかりの子供たちが、組み分けのために、この階段を上って食堂へ入っていく    覚えているかな?

画像
オックスフォード大学 公式HP 正門前
オックスフォードシャー州オックスフォード ロンドンから車で1時間半 

オックスフォードの街は小さいけれど、見所がいっぱいで、趣のある街。
是非ゆっくり観て回りたいところだけど、今回は時間もなくて大学のみの見学☆

画像
これが大学!?
門を入るといきなり静かのどかな風景が待っている。
なんだか美しい詩の一遍でも書けそうyo♪


画像画像
画像

この塔のアーチ部分の天井が、右上の写真のようになっている。
両家の子女だけでなく、多くの指導者的政治家や、ノーベル賞受賞者、オリンピックメダリストも多く輩出している。
また日本の皇族の留学先でもある。


画像
クライストチャーチ入り口付近に立っている案内板。
オックスフォード大学の数学の先生だったルイス・キャロルが子供のために作って読んであげていたのが、「不思議の国のアリス」

画像
チャーチ入り口で入場料を払う(12ポンドだったかな?)
この日は日本から関西弁の修学旅行生が来ていたよ。

画像
「ハリポタ」撮影のあった中庭

画像
マクゴナガル先生が組み分け帽子について説明すシーンで登場の階段

この入り口を抜けると・・・・・

画像
これがあの!食堂☆
昭和の上野のパンダなみに、立ち止まらずに見学しなくてはいけない。(例えが古い・・・)
この日も修学旅行の生徒とぶつかったこともあって、地下鉄の通路状態だった。

普段は学生の食事時間には見学できないので、2時過ぎに行った方がベスト。

縦にものすごく長くて、椅子といすがくっつくくらいに並んでいる。
これは食事するときに、相当気をつけないと、隣の人とぶつかるね。
寮生はよっぽど痩せてないといけないなー


画像
食堂を出て例の階段を下りると、広い中庭が見える

美しく整備された中庭には、立ち入り禁止。
ガードマンが厳しい顔でチェックしていた・・・・

画像

画像
クライストチャーチ
こちらの天井も美しい!!

画像画像
透明写真.png
大学生協(お土産やさん?)には、ハリポタコーナーとアリスコーナーが。
フクロウちゃんの後ろにあるのは、「ハリポタ ロケーション案内 最新版」
今回の「ハリーポッターと死の秘宝 パート2」までのロケ地が掲載されているらしい。



この頃、PCのキーボードに手をおいたまま寝てしまっていて、なかなかUPできなかった私。
明日はいよいよこの家を空っぽにしなくては!
いいのか、こんなことしてて・・・・??




"ロンドン観光地めぐり☆オックスフォード大学" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント