ハリウッド体験☆47RONIN裏話

キアヌ・リーブスが主演で、ハリウッドが挑む四十七士の世界。
残念ながら私の出演は叶わなかったけど、代わりに送り込んだ刺客が(ウソ)いろんな裏話を教えてくれたyo
今回はその一部を、かーるくご紹介☆


画像
大石内蔵助の家なのかな?
(エキストラ登録会のときに、壁に貼ってあったパネル)


私が送り込んだ刺客・・・・・つまりエキストラに応募した子供たちのうちの数人は、最終選考に残ったものの撮影が延びて予定が変更になり、結果的に撮影日に行けなくなったのは、前回書いたとおり。

でも!
同級生のお兄ちゃんが独自にオーディションを受けていて、無事村人役で出演を果たしていたのだった。
以下、彼を『おにい』と呼ばせていただくことにする。



『おにい』が、一緒に出演したエキストラの人たちから聞いた話や、撮影所で見たという話を「問題がない」範囲で(多分)紹介するYO☆
勿論、赤西くん情報もチラリ



衣装合わせ
出演が決まった人は、1人40分ほどかけて、(女性や凝った衣装の人は3から4時間もかかる)衣装合わせをする。
勿論、衣装合わせだけでお給料が出る。

壁には何故か花魁のポスターが。
そのせいか女性はただの村人なのに、着物はとても派手だったとか。

中にはバカ殿メークを施されて、泣いて帰ってしまった女性もいたらしい。

バカ殿メークの村人もいれば、バカ殿メークじゃない村人も。
勿論『おにい』は普通の村人。



撮影が行われるシェパートンスタジオのキャンティーン
待ち時間に食事をしたり休憩が出来るキャンティーン(カフェ)には、現在撮影が行われている「タイタンの戦い」の続編に出演していると思われる人が。
上半身を青く塗って、髪の毛をアポロみたいに逆毛立てた人が、食事をしている姿は、なかなかシュールな光景にだったそう。

スタジオを覗くと、巨大な巨人の半身が置かれていたらしい。



村人の夜の撮影
夜中を通して行われた、村人のシーン。(やはりギャラは夜の方が高いそうだ)
かがり火で体を温めていると・・・・・・・ふと見ると隣にキアヌ・リーブスが!!
「ハロー」と挨拶を交わした『おにい』

行列した村人たちが、1列ずつお辞儀をしていくシーンでは、当然ながら全員が揃うまで何度もやる。
耳元で馬が「ブルルルゥゥウー」とやって蹄をカツカツッと鳴らすので、ちょっと怖かった・・・・・・



さすがの真田広之さん
夜通し行われた撮影、毎回終わるたびに、一般の村人役の人たちに頭を下げて「ありがとうございました」と、丁寧に挨拶なさる真田広之さん。
さすが!!!
それに比べて・・・・・・



英語でも日本語でも
台詞は監督の好み(?)で、基本的には英語なんだけど、たまに「日本語で」とか、「英語で」とか指示がある。
どちらにも対応できる真田広之さん。

赤西くんも、英語台詞を繰り返し繰り返し練習していたらしい。


 
村人からエリートサムライへ
大勢の村人役の中から、さらに選ばれて半分以下の人数での撮影があったり、(演技テストもあったらしい)希望者を募ってCG撮影用(?)のポーズ撮影もやったりと、大活躍の『おにい』
そうこうしているうちに、その演技力が買われたのか、なんと!!エリートサムライ役のオファーがきた!!!

エリートサムライの衣装は赤い甲冑。

そしてエリートサムライから、さらにRONINへ・・・・


秀吉なみに出世を果たした『おにい』のその後は、また次回(ハリウッド体験☆「47RONIN」裏話パート2)






"ハリウッド体験☆47RONIN裏話" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント