「グリーン・ホーネット」カトーなのに

相棒はカトーなのに、「ケイトゥー」だし
日本人なのに上海生まれで、ストリートチルドレンだし
御曹司なのにダメダメだし
ヒーローなのに悪者だし
弱っちかったのに、いきなり強くなるし・・・・・
そんな今までのヒーローものとは一味違ったダメダメ感が、非現実的な展開と超現実的な設定のバランスをうまく保っているようないないような~



画像
 「グリーン・ホーネット」公式サイト


往年の大ヒットテレビドラマの映画化っていう、古ぼけた衣装や小道具にぞくぞくしちゃって、楽しみが大きかった分、意外に評判はあまり良くなかったこの映画。
期待値を低めに設定して鑑賞したのは正解だったかも。




<ストーリー>

父ジェームズ・リード(トム・ウィルキンソン)が蜂に刺されたことが元でこの世を去り、突然新聞社の社長になった放蕩息子のブリット・リード(セス・ローゲン)に、完璧な仕事ぶりを見せる父の運転手だったカトー(ジェイ・チョウ)は、ジェームズが他人には見せない、もう一つの顔を持っていたことを告げる。

正義に目覚めたブリットとカトーは、ロスの街の悪党を一掃する決意を固め、ハイテク武器を次々発明し、自分たちを「グリーン・ホーネット」と呼んで、夜の街へ出かけていくのだが・・・・





画像
あまりプレーボーイには見えないけど、セレブが美男子で全員堂々としているとは限らないので、彼のキャラは結構好き☆


セレブや芸能人のお子様に限って、ちょっと虐められたり、カモにされたりするのを知っているだけに、彼のキャラクター設定は納得。
ハチャメチャ騒いでいるのに、なんとなく憎めないのは、厳格な父に育てられて『自らに自信が無い』ところに起因するのは、気の毒な事でもあり、現実味があっていい。





画像
今回は抑え気味の演技?


「イングロリアスバスターズ」で絶大な存在感を示したクリストフ・ヴァルツが、暗黒街の王チェドノフスキーを演じているが、人々を震え上がらせるほどの存在感は、わざとなのか、そうでないのか、今回はそれほど感じない。
平気で部下や敵を撃ち殺す冷徹さと、自分も「マスクと赤いスーツでキメて、名前も替える。」ととぼけた事を言い出したりするアンバランスさを絶妙に演出しているのはわかるけど、ロスを牛耳るほどの凄みがないのは、どうなんだろう?

冒頭に出てくる若手マフィアのボスのジェームズ・フランコをはじめ、ワルそうな人は実は手下にも見当たらない。
「ザ・タウン」のほうが、よっぽどみんなワル顔だったな~




画像
町中アチコチ壊して回る、最強兵器ブラック・ビューティー



名前も形も一昔前がイケテル、子どもの頃に誰もが夢中になったコミックやアニメをそのまま再現した車。
「タイムボカーン」っぽいのはいいけど、パトカーにぶつけたりしていたら、本当に悪者なのでは?

結果的にワルのふりをして、ワルに近づこうという計画になってしまったあたり、『苦肉の策』であったのをもうちょっとタメて見せないと、最初から『ワルの振りして実はヒーロー』へ変更したくだりが解りにくくなっている。



そのあたりは反対に子どもにとってはどうでもいいのかな。



画像
贅沢な秘書 レノア(キャメロン・ディアス)は、光りすぎ



確かにレノアが有能な美人秘書であるのは明らかなんだけど、じゃあなぜ人材派遣だったの!?
秘書業務なのにいきなり幹部の会議に出席しているほどの有能さが、キャメロン・ディアスなら許せる設定なんだけど、派遣されてくるには違和感ありあり。


そういう意味からも、人が出すオーラってあるんだなと、別の意味で感心しちゃった。
だけどオーラ出過ぎて、主役のブリットとカトーでさえ、より小物に見えてきちゃう。




画像
ラストはいきなり強くなって・・・・


子供向け映画と思いきや、ラストはあのような始末の仕方でいいのかどうか?
子供向けを意識しているなら、ワルは殺っつけて終わりというような、昔のままのハッピーエンドにせずに、もう少し考えてほしいところである。

寿司型メモリースティックが使えない設定にしたのは、奇をてらったのかもしれないけど、ここはあえてその方法で悪をやっつけてほしかった。





ジェイ・チョウは年齢なのか得意のパスケをあまりやっていないのか、すっかりフォルムが丸くなってしまって、童顔なのに、もしやおじさんになった?と、ここもアンバランス。
様々にアンバランスは、この作品の強みでもあり弱みでもある。
私は嫌いじゃなかったけどね☆






"「グリーン・ホーネット」カトーなのに" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント