「ゾンビランド」青春映画

ソーシャルネットワークで話題のジェシー・アイゼンバーグ主演のこのゾンビ映画。
かねてからオススメしてもらっていたのだけど、冒頭5分でギブアップしたのを、もうちょっと頑張って見てみると・・・・・意外や爽やか青春映画だったのだ!



画像
「ゾンビランド」オフィシャルサイト

<ストーリー>

新型ウイルスが発生し、人口のほとんどがゾンビと化してしまった世界で、ひきこもり大学生のコロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、独自のルールを守ることによって生き延びている、数少ない生存者だった。
彼は両親に会いに行くため旅に出て、屈強な腕力と抜群の射撃テクニックを持つ男、タラハシー(ウディ・ハレルソン)の車に同乗させてもらう。

ある日大好物のトゥインキー(菓子)を探しに入った大型スーパーで、ウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)という詐欺師姉妹と出会う。
銃も奪われ、車も取られてしまったジェシーたちだったが、再び合流し、次第に信頼を高めていく。

途中ビバリーヒルズのビル・マーレイの家に立ち寄り、いいかんじになったコロンバスとウィチタだったが・・・・・



画像
デロデロ~とくわえた内臓をなびかせながら、ゾンビが追いかけてくる・・・


私がギブアップした冒頭シーン。
画面いっぱいの内臓を食らうゾンビのアップは、気分的に耐えられませーん☆

基本ゾンビ映画は観ない私。
うーん、なんていうのかな、彼らに心がないからかな・・・・・



画像
初めて自分を頼ってくれた隣人の女の子は・・・・


期待度いっぱいのコロンバスが可愛い♪
よもやゾンビ菌に感染していたとは知らずに・・・・・
ゾンビになった女の子から身を守ろうとしてドアに挟んで、足が折れちゃったのを謝ったりするところが、オタクっぽい。

『自分のルール』に反する事をすると、やっぱりキケンな目に遭っちゃう。
ルール説明のところが面白い。



画像
タラハシーは『今週のゾンビキラー』に輝くのが夢


過去に愛息子をゾンビにやられた過去があって、相当な勢いでゾンビを憎んでいる。
彼がいなかったら、到底生き延びられなかったよね、コロンバス・・・・


必要以上に銃をぶっ放すけど、弾は足りるのかな?って心配になっちゃったよ。
あちこちで補充できるところが、アメリカの怖いところ。




画像
どう考えてrも危険だろうに・・・・・


音を鳴らしたりするだけで、ゾンビをおびき寄せられるなら、遊園地の派手な乗り物は格好の標的。
ゾンビに追いかけられるだけで充分怖いのに、絶叫マシーンに乗りたい気分が、もう理解不能!!(爆)


アメリカ全土がゾンビの島ってことかと思ったら、なんと遊園地がゾンビだらけで、そのまんま『ゾンビランド』
意味も無く、なるほど~って関心しちゃった・・・・

画像
普段から詐欺で男を『食って』きたウィチタとリトルロックも、遊園地では本当に食べられそうに・・・・


可愛い顔して堂々と男を騙してきた少女たち。
命がかかっているのに、親切にしてくれたコロンバスの車を取っちゃったり、最初はものすごいムカつく~
でもこうやって、か弱い(?)二人が何とか生き延びてきたんだね。





タラハシーが大量のゾンビを撃ちまくるシーンは、「バイオハザード3」ね☆
ゾンビ映画を観ない私でも知ってる~♪
きっと、いろんなゾンビ映画を観ている人には、随所にそんなシーンがあって面白いのかもね。


ラストはベタな青春ラブロマンスなんだけど、ゾンビ×青春映画が新鮮で楽しかった☆
イギリス映画サイトでも評価の高かったこの映画。
食わず嫌いでしたわ☆




"「ゾンビランド」青春映画" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント